2017年01月23日

韓国裁判所:国家による慰安所設置、性病の管理は合法

←読む前に、クリックをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

韓国政府は朝鮮戦争時に慰安婦を集め、米軍基地村に慰安所を設置していた。

このことに関連して、慰安婦達が韓国政府を相手取って訴えていた裁判で、韓国の裁判所は一部を除き、慰安婦達の訴えを退ける判決を下した。

慰安婦達の主張は大きく分けて3点あった。

(1)慰安婦達の主張:「国が売買春が容易に行われるよう基地村を作ったことは違法」

 判決:「被害者たちが基地村内での売春を強いられたり、やめられないほどの状態にあったと見ることはできない」

(2)慰安婦達の主張:「政府が『浄化運動』などを展開して基地村の売買春を管理したのは違法行為」

 判決:「このような指針は売買春関係者に対する性病検診・治療などの公益的目的を達成するためのものとみられる」

違法とされたのは

(3)「国が法的根拠もなく、性病に感染したり、感染者と疑われた被害者たちを『落検者収容所』に強制隔離収容して治療した」

この1つのみであった。

つまり、韓国の裁判所が違法だと認めたのは性病に罹った慰安婦を隔離したことだけである。

個人的には、性病に羅漢した慰安婦の隔離は軍人を守るためには必要なことであり、韓国政府のとった行動は理にかなっているわけで、本来なら、慰安婦の全面敗訴であって然るべきだと思う。
もし、多くの米兵が性病に罹り、朝鮮戦争で連合国側が負けていたらと考えるとゾッとする。



今回の裁判で重要なのは(1)と(2)だ。

韓国の裁判所は、国が売春設備を設置することは違法ではなく、違法となるのは、その中で売春が強要されるケースに限られるとしている点であり、更に、性病の管理を国が行っても性病検診・治療などの公益的目的を達成する為のものであり合法であると述べていることだ。

この判決内容は至極当然のことであり、この判決と日本の軍の慰安婦の状況を照らしあわせて考えてみれば、国家が慰安所を設置し、朝鮮女衒に売春事業を行わせ、性病の管理を日本軍が行うという日本の慰安婦制度に落ち度はなかったことになる。

慰安所内でのセックスの強要の有無についても、日本軍用の慰安婦には客を断る権利が与えられており、更に、高給が支払われていたことから、売春婦がセックスを強要されていたという事実はなかったと言える。 もし、「あった」という者がいるなら、主張するだけではなく、自身の主張が正しいことを証拠を持って証明しないといけないが、そのような主張を証拠を持って証明できた者はいない。

万万が一、「あった」としても、それは、慰安所の経営者である朝鮮女衒と慰安婦の労使問題であり、業務委託を行った日本政府或いは日本軍の責任ではない。
日本政府の行うことは、違法行為を行った業者に対して聞き取り調査を行い、その業者が刑法に触れるような行為を行ったのであれば警察に対してその業者を告訴することであり、被害者に対して謝罪をすることではない。


逆に、日本政府と異なり、韓国政府は慰安所の収入の一部を巻き上げており、親会社と子会社の関係にあるともみなせるわけであって、慰安所の経営者が慰安婦を性奴隷にしていたのであるならば、韓国政府にその責任の一端があると追求されたとしても仕方がないだろう。

何はともあれ、日本軍のケースに関しては、韓国裁判所の判決内容を含め、どの観点から考えてみても、軍の無罪は当然のことであると言い切ることができる。


国が米軍基地村「慰安婦」被害者に対して損害賠償をすべきとする裁判所の判断が出た。
裁判所は国家が性病の管理のため、彼女らを隔離施設に強制収容したのは違法だと判決した。
 
ソウル中央地裁民事22部(裁判長チョン・ジウォン)は20日、L氏など基地村「慰安婦」被害者120人が国に対して起こした損害賠償請求訴訟で、「国が被害者57人に対して500万ウォン(約49万円)を賠償せよ」とする原告一部勝訴判決を下した。

裁判所はまず、国が法的根拠もなく、性病に感染したり、感染者と疑われた被害者たちを「落検者収容所」に強制隔離収容して治療したのは、違法だと判示した。
裁判所は「収容された慰安婦」たちは完治したと判定されるまで、収容所外に出られず、収容所から脱出を試みて負傷した場合もあったとみられる」と指摘した。

また、「(治療の過程で)ペニシリンショックによる副作用に悩まされたり、死亡した被害者もいた」と述べた。

裁判所はまた、5年の消滅時効が完了したという国の主張も認めなかった。

消滅時効は、一定期間権利を行使しなければその行使を制限する制度で、国は米軍「慰安婦」の国家賠償の消滅時効が終了したと主張してきた。

しかし、裁判所は「権威主義統治時代と当時米軍慰安婦などに対して閉鎖的だった国民感情、男性中心的で家父長的に形成された社会文化などを考慮すれば、(被害者たちが)権利を放置したとは評価できない」と述べた。

また、「国家権力機関の国民に対する不法収容など、過酷行為は決してあってはならない違法行為」だと判断した。
隔離収容の対象となる伝染病を明示した施行規則が制定された1977年8月以前に隔離し収容された「慰安婦」被害者57人に対する国家の賠償責任が認められたのだ。

ただし裁判所は、「国が売買春が容易に行われるよう基地村を作ったのは違法」という被害者たちの主張は受け入れなかった。

裁判所は「被害者たちが基地村内での売春を強いられたり、やめられないほどの状態にあったと見ることはできない」として、このように判断した。

また、「政府が『浄化運動』などを展開して基地村の売買春を管理したのは違法行為」という主張に対しても、
「このような指針は売買春関係者に対する性病検診・治療などの公益的目的を達成するためのものとみられる」との見解を示した。


クリックをよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

< 第二次大戦 名言集 >
hqdefault.jpgsmile.jpg
< Racism America & Sex Slaves >
ブレイクニー弁護人.jpeg
< FDR plans sneak attack before Pearl Harbor >
mqdeffafafdaault.jpgsfafafada.jpg


posted by Kissandtell at 16:14| シドニー | Comment(0) | 朝鮮慰安婦米軍編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

米国国務長官「慰安婦問題、韓国へ経済制裁も辞さず」

←読む前に、クリックをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


国務長官のレックス・ティラーソンが慰安婦問題に関連して、「韓国が日韓合意を守らないならば経済制裁を課す。それでもダメなら更なる制裁を検討する。」と述べたという。

ただ、彼は「私は、歴史には疎いが国際法は詳しい」と述べた上で「もし、日韓合意がなかったら韓国が側についていただろう」とも述べている。 

歴史に疎いと言いながら韓国を支持するという結論がどのような理論によって導かれるのか不明だが、歴史に疎くとも、法に詳しいレックスなら『被害者の立証責任』に関する事柄に関しても熟知しているはずだ。

ならば、サンフランシスコの連邦裁判所で慰安婦が敗訴した裁判記録を見れば全てを理解することができるだろう。


慰安婦は主張ばかりで、自分の主張をサポートする証拠を何一つ出していない。 それ故、サンフランシスコの連邦裁判所でも証拠が出せない為に敗訴している。 
もちろん、歴史という学問の枠の中で考えてみても、証拠がないものを史実とするわけがない。

日韓合意などなくても、レックスは日本を支持しなければいけない。 なぜなら、論理的に考えてそれ以外の結論はないからだ。

( シスコ連邦地裁の裁判官「慰安婦、証拠を出せ!」)



今のトランプ政権のメンバーは富豪揃いで、かつ、(ここが重要なのだが)足るを知っている人物達だ。
ここが、クリントン強欲夫婦とは大きく異なる点だ。 このバカップルは十分な財産を持ちながら、更に金を欲しがり、金を提供する者共のスピーカーとなって恥ずかしげもなく法螺話を拡散していた下劣な白い猿だ!

きっと、レックスは慰安婦の話は嘘であるとわかっているが、安全保障上、韓国という”場所”が必要なので、あえて、「歴史には疎い、つまり、よくわからないが、」という枕詞をつけ、自分がバカ呼ばわりされることを避けた上で、「韓国を支持していただろう」と述べたに違いない。 「歴史には疎いが」という言葉は、「私は、今から嘘をつくよ」ということを暗に示しているのだ。

韓国の土地が必要という意味は『中国と戦争をする際の戦場が必要だ』ということだ。よくテレビなどでは「緩衝地帯」と表現されるが、緩衝地帯は、いざ、戦争になれば戦場に変わる場所のことをいうのだ。
 
日清戦争の時も中国との戦争でありながら朝鮮半島が戦場になったわけで、レックスは今回もそれと同じことを行おうと考えているのだろう。

そういった彼の考えは十分に理解でき、それは日中政府共に共通する認識であろうが、さはされど、その自国の安全保障の為という理由や、バカップルのような禁欲の為に無実の日本兵を犯罪者にすることは許されない。

日本を戦場にしない方法は、圧倒的な軍事力の開発や防衛力の強化によってなされるべきであって、先人の名誉を傷つけることによって行われるべきのではない。

レックスは、たとえ敵国であっても国のために命をかけた英雄を愚弄することは許されないということを理解し、緩衝地帯が必要だと考えるのなら、朝鮮人に慰安婦の嘘を認めさせた上で韓国を緩衝地帯とするのか、さもなければ、韓国を潰し、強制的に緩衝地帯にするのかのどちらかにしなければいけない。 もちろん、軍事力の強化は絶対であり言うまでもない。

レックス氏「日本と韓国は特に東アジアの平和のために米国にとってかかすことのできない存在だ。しかしながら知っての通り、三ヶ国の連携はいまのところうまく言っているとはいえず、特に北朝鮮と中国の問題では連携が十分にとれていない。これは日本の安全保障体制の問題もあるが、日韓の関係が悪化していることが大きな要因だ。そして大きな面では韓国に対応をしてもらいたいと私は個人的に思っている」

記者「日本と韓国の関係悪化に改善策はあるのですか」

レックス氏「難しい問題で、アメリカが介入することはできないかもしれない。だが、私はする。(国務長官になったら)慰安婦問題でもめる日韓では日本を支持する。韓国が誠実な対応をしなければ貿易停止などの経済制裁を必ず行う。これで解決しなかったらさらに措置を検討する」

記者「その根拠は」

レックス氏「日韓合意がなかったら、韓国を支持したかもしれない。だが、今は日韓合意がある。私は歴史問題には無知だが、国際法には詳しい」


クリックをよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

< 第二次大戦 名言集 >
hqdefault.jpgsmile.jpg
< Racism America & Sex Slaves >
ブレイクニー弁護人.jpeg
< FDR plans sneak attack before Pearl Harbor >
mqdeffafafdaault.jpgsfafafada.jpg


posted by Kissandtell at 11:18| シドニー | Comment(0) | 朝鮮娼婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

NHKの捏造報道

←読む前に、クリックをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

NHKは、19日、「札幌冬季アジア大会の組織委員会が選手村となっているアパホテルに対して『問題となっている書籍の撤去を要請した』」と報道したが、それが、真っ赤な嘘であることがわかった。



組織委員会は、「アパホテルに本の撤去を要請しという事実はない」とNHKに抗議をしたという。

これは、うっかり間違えたというようなものではなく、ある目的を持った者が確固たる意思を持って行った犯罪行為である。

当然、こんなことが許されるわけはなく、NHKはこの捏造を行った者達を公表し、処分をしないといけない。

それにしても、中国人や朝鮮人といった植民地人であったブラックエイジアンの言いなりになるバカが日本人の中にいると思うと、本当に情けなくなってくる。 なぜ、ブラックエイジアンなんかのポチになるのか、その気持ちがさっぱりわからない。 

日本人は、自分がアジアで唯一宗主国であった国の国民であり、現在でも自由主義国の中でNO2のポジションにあるというブライドを持って中・朝人と向き合わないといけない。
格下の国の者達に媚びるわけがないだろう!!!

南京事件など大嘘だが、万万が一、本当であっとしても死んだのは敵国の中国人であり、そんな者達の死に日本人が嘆き悲しむ理由などない。 それは、アメリカ人の多くがヒロシマナガサキで亡くなった人のことなどに対して嘆かないのと同じだ。

NHKの捏造報道はこれだけではない。
元名古屋大学教授の武田先生は動画でNHKの捏造報道についてこう述べている。





クリックをよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

< 第二次大戦 名言集 >
hqdefault.jpgsmile.jpg
< Racism America & Sex Slaves >
ブレイクニー弁護人.jpeg
< FDR plans sneak attack before Pearl Harbor >
mqdeffafafdaault.jpgsfafafada.jpg
posted by Kissandtell at 22:55| シドニー ☁| Comment(0) | 反日活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする