2015年07月31日

パク姉妹の猿芝居

←読む前に、クリックをよろしく!

2015年7月30日、韓国・TV朝鮮によると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の妹である朴槿令(パク・クンリョン)氏が、旧日本軍慰安婦問題について「謝罪を要求し続けるのは不当だ」と発言し、韓国内で物議を醸している。

日本を訪問中の槿令氏はこのほど、日本メディアとの特別対談で、「日本は慰安婦問題について、天皇を含め4度も公式に謝罪した。日本に謝罪を要求し続けるのは不当だ」と述べた。また、靖国神社参拝問題については「内政干渉だ。悪い人だから墓参りに行かないというのは人の道に反している」との立場を示した。

また、姉の朴大統領について、「父親の朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領に対する親日騒動のせいで、日本に対して強硬な立場を取るようになった」と述べた。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「そのまま日本に移民しろ」
「姉も妹も本当に無能だ」
「大統領の妹が国民感情を考えもせずに、韓国への悪口ともとれる発言をするなんて理解できない」

「本当に驚いた。日本は韓国を無視し、米国や中国の強制徴用被害者だけに謝罪するような国。大統領の妹がそんな国に行くこと自体間違っているのに、韓国を批判するなんて!」
「本当に大統領の妹なの?これは大事件だ!」
「どうしてそんな発言ができる?姉と仲悪いのかな?」

「日王に対して『天皇』という言葉まで使ったのか?韓国人は天皇という呼称を認めていないのに」
「朴大統領の私生活が気になる。家では妹と一緒に、着物を着て日本酒を飲んでいるのでは?」

「親日の娘はやっぱり親日だった…」
「朴一家は、国民の感情を逆なですることだけは得意」
「韓国が日本に甘く見られる理由だ」




なぜ、この時期にこの発言をしたのだろうか? なぜ、もっと早く言わないのだろう? なぜ、大統領のパクに直接ではなく、文屋の前で発言したのだろうか?


韓国が譲歩したように見せかけ、安倍談話に少しでも謝罪めいたものを入れさせる為の猿芝居だろうか?
謝罪が入れば、また、談話を利用して「安倍談話で謝罪していた」と言える。 しかし、謝罪が入っていなければ、韓国は日本人から忘れさられてしまうかもしれない。 こういった危機感があるのかもしれない。



そもそも、慰安婦は日本政府が行ったとされる組織犯罪を立証する証拠を何一つ出していないわけで、日本人が慰安婦に対する謝罪などする必要はない。 

謝罪をさせたかったら、証拠を持って来い! パクパク!!

また、海外の者が、靖国参拝に意見することは内政干渉ではあることは事実であるが、不当な裁判で有罪とされた日本軍人を悪人と決めつけるなど言語道断。 

インドの独立運動の指導者の一人、へランボ・ラル・グブタはこう述べている。


「東京裁判は、21世紀に入れば必ず多くのアジアの国々によって見直されるだろう。そして第2回東京裁判が実現する。その頃には、アジアも世界も良心を取り戻 し、全てが公正にして真理の法の前の平等に裁かれる。 その時こそ東亜積年の侵略者である欧米列強の英雄達は、こぞって重罪に処せられ、かつて東京裁判で 重罪を被った日本人、とくにA級戦犯の七柱は、一転して全アジアの救世主となり神として祀られる日が来るだろう。 またそのようになるべきだろう。」


( 旧日本兵に膝まずいて感謝を述べるインドのモディ首相 )


朝鮮人には「恨」(ハン) という腐った根性がある。 パク姉妹の猿芝居に騙されてはいけない!




朝鮮人には感謝されることこそあれ、非難などされる覚えはない!
朝鮮人の言動に一喜一憂することなく、淡々と朝鮮外しを行っていくべきだ。






posted by Kissandtell at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | 反日活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

捏造『恨』で金品を要求する朝鮮人と『恨』を捨て未来を築く日本人

←読む前に、クリックをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

朝鮮人には「恨」(ハン) という腐った根性があるという。




「恨み」というよりは「妬み」あるいは「僻み」というのが正解だろう。

日本人が朝鮮人に「恨み」など抱かれるいわれはない!


日朝併合は国際法の観点からみても何の問題もなく、野蛮人と欧米人から揶揄されていた朝鮮人を文明人に変えたのが日本人であり、日本人は朝鮮人にとって恩人であって被害を与えた加害者ではない。

1906年の時点でも小学校が全国で40校未満だったものが1940年代には1000校を超えていた。
1924年に京城帝国大学が、朝鮮唯一の旧制大学として、また日本で6番目の帝国大学として日本内地の大阪帝国大学や名古屋帝国大学よりも早く設立されるなど、他の植民地ではあり得ない夢のような待遇がされたのだ。
人口も併合時の1313万人しかいなかったもが1942年には2553万人へとほぼ倍増している。

しかし、パクはこの恩を忘れて自分にとって都合の良い歴史を捏造し、被害者ズラをして日本に歯向かってきている。






呉善花:
「恨」とは何かを達成できなかったとき激しく恨んだり、自ら不幸を嘆く気持ちですね。日本人の「もののあわれ」がある種の諦めの境地だとすれば、韓国人の「恨」とはそれとはまさに対照的な精神です。東日本大震災の際、日本人は誰かを恨むことなく、それを受け止めているように私には感じられました。
こんなとき、朝鮮半島であれば、まず自然を恨み、神を恨み、災難に遭った自らの不幸を嘆きます。事態を受け入れることなく、あくまで抵抗するのです。そこは、そういう神や自然に対して執拗に抵抗し続け、恨み、抵抗心をバネにして生きていくのが人間だという考えがあります。

竹田:
自分の苦しみに関して、自然や神様を恨むということですが、「自分が悪い」ということにはならないんですか?

呉:
情緒的にそう思いたくない、ということですね。これは死に限りません。韓国人は自分の周囲で何か不幸や問題があったとき、自分ではなく、まず誰かのせいにしようというのが習性になっています。

竹田:
そうですか。日本人はどちらかというと、まず自分に問題がないかを考えますよね。

呉:
ですから、こうした日韓の国民性の違いを両国民はしっかり認識すべきなのです。私が日本に来たときにいちばん驚いたのは、日本人が誰もアメリカに対して「恨」の気持ちをもっていなかったことです。「戦争はいけない」と、むしろ自国の責任を追及する教育がなされていたりして、じつに意外な気持ちがしました。




朝鮮人の「恨」については「自分の失敗や不幸を他人のせいにする」という呉善花の主張のとおりだろう。

だが、「日本人がアメリカに対して『恨』の気持ちをもっていなかった」というのは、誤りであると思う。

「恨」の気持ちを持っていないのは、戦争体験者にとっては、米軍による恐怖支配による影響が、また、戦後の人々にとっては、プロパガンダの洗脳の影響で事実を知らされていないことが原因だ。

ジュディス・ハーマン(Judith Lewis Herman、MD,)は自身の著書の中で、「中途半端な暴力は反発を招くが、徹底した残忍な殺戮や拷問の恐怖は、逆に従順にさせる」と言っている。

日本人の戦争経験者は、この「Judithの法則」にハマったに違いない。

更に、米国のプロパガンダを流すマスコミが追い打ちをかける。もちろん、戦後生まれはそのままプロパガンダを信じこんでしまう。

実際は米兵が遊び半分で非常に多くの日本兵を虐殺していたが、マスコミは日本軍の兵が米兵を殺したことを創作して誇大に報道する。 虐殺した数が多すぎて、米軍でもいったいどれだけの日本人を虐殺したのか分かってはいない。

カリフォルニア大学の教授は敗戦国である日本兵の捕虜の数が異常に少ないのは米軍が日本兵を捕虜にせずに射殺していたからであり、また、戦勝国の捕虜が多いのは日本軍が国際法を順守して連合国の兵士を捕虜にしたからだ。」と自身の本の中で述べている。 

彼らキリスト教の教えを守る白人種にとって有色人種は人間ではなく獣の一種であった。

たとえば、輸送船や軍艦や病院船が沈められ漂流している武装していない日本兵達に対して、米軍や豪州軍は艦上からゲームの様に機銃掃射して漂流している日本兵を虐殺した。

石原都元知事の証言にもあるように、米軍機が下校帰りの日本人の子供を目掛けて機銃で乱射し、失敗するとわざわざ戻ってきて再度射殺を試みるという信じられないことを行なっていた。

子供まで狙い撃ちするのだから、白旗を上げて投稿してきた日本兵は片っ端から機銃掃射で虐殺したのは容易に理解できるだろう。 

飛行機で輸送中の捕虜をまとめて投げ落とすことも平気で行っていたのが米軍達だ!

そしてこう報告する。

「 玉砕した 」

「 ジャップは腹を切った 」
というのは頭の悪い白人ならでは口実だが、上官がしっかりしていれば、このような口実は通じずもっと多くの日本兵が助かったはずだが、元帥であるマッカーサーが「 捕虜に食わせる飯より、弾の方が安い 」と言っているのだからどうしようもない。 これがアメリカ人の本性であり、今でも、そんなにかわってはいないだろう。

( 天皇陛下はこのことをご存知であったのか、訪米した際、マッカーサーの妻からの再三に渡る面会要請を無視し、合わずに帰国している。) 

拷問して情報を聞き出すのに必要な数しか捕虜を取らず、残りは虐殺して食料が減るのを抑えいたのが米軍だ。

このような地獄の中を生き残った人々は、自然とアメリカ人に従順になっていったに違いない。



米軍共による虐殺は過去にも行われていた。

それがフィリピンでの虐殺だ。

フィリピンは、最初、スペインの植民地であったが、米西戦争に米国が勝利したことでアメリカの植民地となった。 この際、アメリカの植民地支配に反対するフィリピン人が立ち上がり、アメリカに戦いを挑んだが無念にも負けてしまった。

その際に起こったのが『アメリカ人によるフィリピン人の虐殺』だ。
これがその時にニューヨークジャーナルに載った風刺画である。  



これには、” Kill every one over ten" 「10歳以上の者は全て殺してしまえ!」と書かれている。 少年少女までをも平気で殺し、かつ、それを平気で風刺画にしていたのがアメリカ人だ。 
このような虐殺をされた過去を持ちながら、フィリピン人の米国に対する好感度は80%近くにもなる。 

第3者である日本人からみれば、この数字は異常に映るだろう。

日本人のアメリカに対する考え方も、第3者から見えれば同じように奇妙に見えているのだ。


「アメリカが英雄だ」などいう間違った考えを持っていてはいけない! 日本人は真実を知り目を醒まさないといけないのだ!

これは、「事実を知って恨みを抱き、米国に対して謝罪や賠償を要求して行く」というような目的のためではなく、もっと壮大なものだ。

それは、先人達が求めて戦った「人種差別撤廃」の実現だ。

「自分達が特権階級であり、何をしても許される」と思っている者達に戦争犯罪について反省をさせ、更に『平等』を教えこむのだ。

白人への教育だ!

先人が夢見た平等社会の実現が、世界で初めて人種差別撤廃を国際会議で提案した日本に生まれた者に課せられた責務だろうし、道半ばで倒れた先人もそれを望んでいることだろう。



先人によってアジア諸国の奴隷解放は実現したが、人種差別は未だに残っている。

70年前に日本人が抱いた夢は、まだ、完結していない!



posted by Kissandtell at 19:17| 東京 ☁| Comment(0) | 第2次世界大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

国立大授業で「安倍は辞めろ!」とデモ練習 - 授業の停止措置

←読む前に、クリックをよろしく!

国立大授業で「安倍は辞めろ!」とデモ練習 大学側「看過できない」と准教授の授業停止安保法案に反対するデモが各地で活発化する中、福岡教育大学(福岡県宗像市)の授業で40代の男性准教授が「安倍は辞めろ!」といったシュプレヒコールを学生に「練習」させたとして問題になっている。



国立大学法人の教員が政治的な主張を学生に強いるともとれる行動には批判が多数寄せられ、大学側も「看過できない」と問題視。事実関係の調査が終わるまで教員に対して授業停止を命じたという。

授業は2015年7月21日に行われ、授業を受けていた学生のツイッターへの投稿で問題が発覚した。ツイートには授業の様子を映した写真がついており、デモの様子が映ったスクリーンを前に准教授が何かを説明しているのが分かる。ツイートには、

「大学の講義で集団的自衛権反対のデモの様子紹介して、練習しようとか言い出して『戦争法案絶対反対』とか『安倍は辞めろ』とか練習させられてるんだけど」

と不快感がにじむ。別の学生のツイートによると、准教授の「戦争法案絶対反対」という掛け声に続いて、学生が「戦争法案絶対反対」と声をあげた。准教授は「安倍は辞めろ!」の次に「学長もやめろ!」とも叫んだところ、教室は大爆笑につつまれたという。

安保法案に反対する学生からは、准教授の発言は「お笑いネタ」だったという指摘も出ており、「練習させられた」というツイートの表現が授業の雰囲気を正しく伝えているかは微妙だ。

この授業に対する大学側の反応は比較的素早く、7月23日には学長名で対応方針を学内向けに発表した。発表では、授業内容がネット上に投稿されたとして、

「それを巡って、本学及び本学の教員や学生についての様々な意見が飛び交い、いわゆる炎上と呼ばれる事案が発生した」

と、大学側として「炎上」を認識していることを明らかにしている。翌7月22日には「問い合わせや苦情、対応を求める電話やメール」が15件ほど大学側に寄せられた。大学側が同日中に准教授に事実関係を確認したところ、「そういった事実はあった」などと答えたという。

発表では、准教授の行為を、

「本学は、高等教育機関である大学として、しかも教員養成を行う国立大学として、国民の期待と負託に応える責務を負っている。このことに照らして、このたびの事案は、本学の教員及び教育の在り方の根幹にかかわる問題として、看過できない」

と厳しく非難。准教授には「このたびの事案で引き起こされた学内外の混乱を避けるため」授業の停止を命じ、履修していた学生に不利益にならないように対応する、としたという。今後、准教授の過去の授業を含めて問題がなかったか調査する方針で、懲戒等調査委員会を立ち上げて調査を始める。必要に応じて、准教授の授業を履修していた学生に対する調査も行う。

大学側はウェブサイトにも、

「本学の学生であることをもって学内外において誹謗中傷を受けるなどの不利益を被ることが無いよう徹底して学生を護るとともに、大学教員が行った教育活動の適正さについて関係法令や本学規則に照らした事実調査等を早急に実施し厳正に対処してまいります」

とする文章を掲載し、対外的にも事実関係を大筋で認めている。



この准教授の名前は林崎和彦で、担当の講義は教育学部で人権・同和問題だという。 林崎のフェイスブックを見ると在日シンパの記事や菅直人に「いいね!」したり、宇都宮健児を賞賛していたりと典型的な「反日・売国奴」



選挙権が18歳に引き下げられ、高校の教員に中立性が今まで以上に求められている中で、教育大学の授業でデモ練習はあり得ない。

この男の授業は停止させられたようだが、解雇が相当だろう。









posted by Kissandtell at 22:16| 東京 ☀| Comment(0) | 反日活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする