2016年06月13日

維持費が高い自動車メーカートップ30

←読む前に、クリックをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アメリカの整備会社が10年間にかかる維持費を算出し、その結果を公表した。

順位が低い程、維持費がかからないということになるわけだが、日本車が独占だ!

(クリックするとグラフが拡大する)
jygz8l5opnktpt5hohscs.png

クリックをよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

< 第二次大戦 名言集 >
hqdefault.jpgsmile.jpg
< Racism America & Sex Slaves >
ブレイクニー弁護人.jpeg
< FDR plans sneak attack before Pearl Harbor >
mqdeffafafdaault.jpgsfafafada.jpg
ラベル:車の維持費
posted by Kissandtell at 14:38| シドニー ☀| Comment(2) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

毎日新聞も認めた強制の嘘!次は朝鮮娼婦の本質も理解しろ!

←読む前に、クリックをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

米国立公文書館で朝鮮人捕虜の尋問調書が発見され、毎日新聞が、ようやく「慰安婦は志願か親による身売り」であったことを認めた!

しかし、変態の領域を出てないない毎日新聞は、「慰安婦問題を巡り、日本政府が国連の委員会などで『強制連行を確認できる資料はない』などと強調する立場と一見似た捉え方とも受け取れる。しかし、調書全体を読めば、強制連行があったか否かを論じるだけでは被害の本質に迫れないことが理解できる。」と、あくまで、日本軍が悪事を働いたような印象を読者に与える表現で締めくくっている。

強制連行がないことは認めつつ、「被害の本質」と論点をすり替えていて、これは、他の歴史学者を名乗る朝鮮系日本人政治活動家と同じ手法だ。 

さらに言えば、その手法は、役割分担を決めて思考回路の衰えた老人を騙すオレオレ詐欺団と同じだ。

直接、金を要求してくる慰安婦と資料を分析して、謝罪と倍賞を促す係の学者とマスコミ! 

しかし、慰安婦の金品を要求するシナリオもオレオレ詐欺団のシナリオも冷静になって考えればボロボロだ。 だから、思考力の衰えた老人しか引っかからない。

一昔前、「強制連行があった」と主張していた頃、学者を名乗る者やマスコミがその証拠として出してきたのは、朝鮮女とは全く関係のないインドネシアで日本兵が行なったとされるオランダ人女性の誘拐と売春の強要の一件だった。 ( しかし、これも実は大嘘で、オランダ人慰安婦の半分以上はオランダ人男性用に本国から連れてきた娼婦達で、元々、職業売春婦達だったし、残りの女性達も若い女性を守るために志願した者達だった。 戦勝国用に娼婦を集めることは米軍に占領された日本でも行われたことであって、問題視するようなことではない。)

強制連行での日本軍批判を諦めた慰安婦とその仲間達が次に考えたのは、娼婦の国外輸送を禁じた国際法をもちだし、日本軍が船で慰安婦を海外へ輸送したこと根拠に「朝鮮女を性奴隷にした」という手法だ。 

確かに、日本はこの国際法を批准していたが、批准すると同時に「植民地は除く」と宣言をしていた。 
これは、日本ばかりではなく英国も同じであった。 
更に、娼婦を輸送していたのは、オランダもそうだし米軍も同じことをしていた。 

そもそも、慰安婦達は売春婦という職を自らの業として選んだわけで、それこそ、その本質を考えるなら、海外へ出ても働きたいと考えた女性達が存在した点に着目し彼女達の「売春婦として働きたい」という意志を尊重すべきであって、海外へ輸送したから性奴隷だったとすることは大間違いだ。 このような間違いを犯すことからして、毎日新聞の記者の間に娼婦を蔑視する職業差別意識があるだろうことが窺い知れる。

更に、第2次世界対戦時のみならず朝鮮戦争時も含め、慰安婦志願者が多数でたことから、この問題の本質が「売春を行なって金を稼ぐことが当然のこととして定着している朝鮮という国家に古来からある売春文化にあることも記者達は認めないといけない。
 

今、世界中で働いている朝鮮娼婦を見れば分かるように、朝鮮娼婦は海外へ喜んで出て行くわけで、戦時中、慰安婦が海外で出たという事実をもって彼女達が性奴隷だったと判断することはアクティブな朝鮮娼婦の現実と反する。 また、中国の属国だった時代には、朝鮮女は中国へ貢物として送られていたわけで、第二次世界大戦中に限って海外へ行くことを朝鮮女が拒むなどあり得ないことだということが分かる。


マスコミや学者は、朝鮮売春婦の本質を見なければいけない!

今、アメリカやオーストラリアで働いている朝鮮娼婦達は性奴隷か? 

違う! 

ならば、慰安婦が海外へ出たことを持って性奴隷とすることは誤りである。


国際法違反の手も使えなくなり、最近、慰安婦とその仲間達が言い出したのが「労働環境が悪かったから慰安婦は性奴隷だった」というものだ。

しかし、労働環境に関しては経営者と労働者の問題、すなわち労使問題であって、委託した日本軍は無関係だ。

慰安所の経営者は誰か?
 
それは、朝鮮女衒だ! 

ならば、慰安婦が訴える相手は朝鮮女衒であって日本政府ではない。


これは、道路建設を請け負った建設会社とその従業員の間に問題があったからといって、国交大臣が責任を負うことなどあり得ないのと同じだ。
国交省は、請負業者に問題があったと認められればその業者を処罰する。 日本政府も違法行為を働いた朝鮮女衒を逮捕させ処罰を行なっていた。

慰安所内での待遇で日本政府を非難するなど頓珍漢もいいところだ。

どんな手を使ってきても、日本軍を有罪にすることなど出来ない。 
これが結論だ!


毎日新聞2016年6月10日
■米国立公文書館で

 太平洋戦争終盤期に日本軍と行動を共にし、米軍に捕らえられた民間の朝鮮人捕虜が、戦時動員に基づく慰安婦や強制労働の被害について米軍の尋問に答えた調書が、米国立公文書館で発見された。朝鮮人慰安婦について「志願か親による身売り」との認識を示す一方、日本への労務動員については「連合国の捕虜より待遇が悪い」などと述べていた。朝鮮の人々が感じた日本の植民地支配の過酷さを包括的に伝える内容で、論議を呼びそうだ。

■「慰安婦は身売りと認識」

 尋問調書は、慰安婦問題に取り組むアジア女性基金が資料委員会を作り、1997年に米国で真相究明の調査をした際、捕虜の回答を発見した。回答はその後所在不明になったが、今年それが見つかり、資料委員会の委員だった浅野豊美・早稲田大教授(日本政治外交史)と毎日新聞が3月、さらに米軍の質問と関連の資料を発見した。

 米軍は、朝鮮人捕虜約100人を尋問した後、3人を選び、米カリフォルニアにある秘密尋問センターに移送して、45年4月11日に改めて30項目の詳細な尋問を行ったと見られる。

 調書は3人の捕虜と米軍の尋問者の名前を明記し、3人分の回答を一つにまとめている。「反日感情は約100人ともほぼ同じ」としながら、「(米国から見ると)日和見主義者が多い中、3人はまじめで信頼できる」と評している。

 慰安婦については、日本軍の募集を知っているか、この制度に対する朝鮮人の態度はどんなものか、それで生じた騒乱や衝突を知っているか、が質問された。3人は「太平洋で目撃した朝鮮人慰安婦は、志願したか親に売られた者だった。(軍による)直接的な徴集があれば暴挙とみなされ、老若を問わず朝鮮人は蜂起するだろう」と答えた。

 労務動員に関連しては、日本本土に送るのはどんな手続きか、徴用されたのか志願だったのか、家族と手紙のやりとりをできたか、が尋ねられた。3人は「朝鮮人は炭鉱、鉄鉱山の労働や飛行場の建設に従事し、常に鉱山の最も深く熱い場所で最悪の仕事を要求された。通信は許されたが、手紙は全て検閲を受けた」と語った。

 米軍の捕虜尋問は日本人が多く、朝鮮人だけの調書は珍しい。慰安婦を対象にした尋問には、米軍の心理作戦班によるビルマ(現ミャンマー)で捕らえた朝鮮人慰安婦の報告書がある。今回の調書はその延長線上で、米軍の朝鮮占領をにらみ日本の植民統治に対する朝鮮人の反抗心を探ろうとしたものと考えられる。【岸俊光】



■民族・女性差別の深刻さ浮き彫り…解説

 朝鮮人捕虜の尋問は日本の植民地支配の実態に迫る貴重な証言と言える。米軍は日本の責任を追及しようと慰安婦や強制労働の被害に注目したと見られる。

 米軍の尋問は、捕虜には戦争の行方が分からない時点に、圧力の少ない自由な空間で行われた価値のあるものだ。証言は朝鮮社会の底辺の認識をよく伝える。

 捕虜たちは、拷問を含む強制労働の過酷さを語り、その待遇は連合国の捕虜より劣ると言い表した。

 朝鮮人慰安婦の募集については、軍の露骨な強制があれば朝鮮の人々の怒りを呼ぶだろうと述べた。

 慰安婦問題を巡り、日本政府が国連の委員会などで「強制連行を確認できる資料はない」などと強調する立場と一見似た捉え方とも受け取れる。しかし、調書全体を読めば、強制連行があったか否かを論じるだけでは被害の本質に迫れないことが理解できる。

 これまでの元慰安婦の証言からは、慰安婦にされるとは知らずに、「金もうけができる」と言われて徴集された就業詐欺が多かったことが判明している。

 社会の女性差別がそこに絡み、見逃せない要因となったのが植民地支配された朝鮮の貧困だった。戦時体制下の生活は次第に厳しくなり、就業詐欺を容易にした。

 朝鮮人に対する民族差別や人権侵害は、日本統治の深刻な問題だったのだ。

 慰安婦問題の解決を目指した昨年末の日韓合意は、過去を受け継ぎ、歴史研究を深めていく視点を欠いていた。

 韓国政府は、合意に基づく財団の設立を急いでいる。植民地の問題に向き合い、認識の溝を埋めなければならない。【岸俊光】



クリックをよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

< 第二次大戦 名言集 >
hqdefault.jpgsmile.jpg
< Racism America & Sex Slaves >
ブレイクニー弁護人.jpeg
< FDR plans sneak attack before Pearl Harbor >
mqdeffafafdaault.jpgsfafafada.jpg


posted by Kissandtell at 02:47| シドニー | Comment(0) | 朝鮮娼婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

根拠のない自信! どこから?

←読む前に、クリックをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

元駐日韓国大使のシンが「日本が『村山談話』を尊重しない限り、韓日両国の歴史認識をめぐる乖離(かいり)は残り続ける」と述べたという。

まるで、「日韓の間で国交が断絶するようなことがあれば、困るのは日本だろう!」と言わんばかりの発言だが、この男の自信は、一体どこから来るのだろう?

先進国になったつもりで偉そうに振舞っているが、実際、韓国は先進国ではなく新興国に過ぎない。 

しかし、もう、シンは先進国人になったつもりでいるのだ。

有名人に成りきっているモノマネ芸人のようで、どこかマヌケに感じてしまう。 



朝鮮人が作った捏造歴史と日本人がもっている真実の歴史認識とに乖離が原因で交流がなくなったとしても日本が困ることはない。 困るのは韓国の方だ! 朝鮮人の作った捏造歴史に擦り寄らなければいけない理由など、日本にはない。

日本から主要部品の輸入が止まれば、携帯電話もテレビも作れなくなってしまう新興国と日本は絶対的に違う。

これに関しては、朝鮮人を除く全ての人類が同意するだろう。

そろそろ、誰かが朝鮮人に「お前は、本物とは全く違う!」ということを自覚せてやらなければいけない時期に近づいていると思う。 

芸人のモノマネは笑えるが、韓国政府の一流国家のごとき振る舞いは不快でしかない。



 「日本が『村山談話』を尊重しない限り、韓日両国の歴史認識をめぐる乖離(かいり)は残り続ける」(シン・ガクス元駐日韓国大使)

 「国民感情に束縛されることなく、事実に向き合っていかなければ」(武藤正敏・元駐韓日本大使)

 韓日外交の第一線で責任者を務めた両元大使は、韓日関係の改善という目標こそ共有したが、その対処についての認識は異なっていた。漢陽大学の日本学国際比較研究所(イ・ガンミン所長)の主管により、10日午後2時からソウル・汝矣島の国会議員会館第3セミナー室で行われる「韓日共生のための人文フォーラム」でテーマを発表する両元大使は、現場での経験を基に、韓日関係の現状を分析し、改善の方向性を示す。

 シン元大使は「歴史をめぐる和解は長い時間がかかるという点を認識し、着実に取り組んでいくべきだ」として、両国の国民感情を改善するために、人的交流や文化交流の強化、第3期歴史共同委員会の早期再開や共同での歴史教材の編さんなどを提案する。シン元大使は「独島(日本名:竹島)問題が韓日関係の改善や発展を阻害することのないよう、相互に自制することを心がけていくべきだ。1990年代まで、暗黙の了解のような形で守ってきた現状維持、あるいは棚上げという道に戻る必要がある」と主張した。

 武藤元大使は「日韓関係の改善のためには、両国の国民が政治家の発言やマスコミの報道に左右されてはならない。ある二国間関係が国益にプラスとなるのか、北東アジア情勢がどうなっているのか、客観的かつ国際的な視点が必要だ」と述べた。また「国交正常化以降、日本が韓国に協力してきた歴史を知れば、過去に対する反省も謝罪もないという誤解は解けるはずだ。竹島問題は日本側の主張にも合理性があるという点を認識し、感情的な対立を避けることが重要だ」と主張した。



クリックをよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

< 第二次大戦 名言集 >
hqdefault.jpgsmile.jpg
< Racism America & Sex Slaves >
ブレイクニー弁護人.jpeg
< FDR plans sneak attack before Pearl Harbor >
mqdeffafafdaault.jpgsfafafada.jpg



posted by Kissandtell at 17:24| シドニー | Comment(0) | 反日活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする