2016年12月31日

「慰安婦は捏造」パネル展 「日本人の名誉を守る」

←読む前に、クリックをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「慰安婦は捏造」パネル展が札幌市内で開かれているという。

「慰安婦像は、朝鮮人や他の外国人と共存をする上で障害になるから撤去してくれないか?」などという世界が勘違いをするような弱腰から大幅に前進し「嘘をついて、日本人の名誉を傷つけているんじゃないよ! 時代が時代なら、無礼打ちだぞ!」という身分相応の姿勢に転じたことは大いに評価したい。

全ての日本国民が彼らに続くべきだろう。 

日本のような歴史・文化、科学技術に長けた先進国国家には守るべき『名誉』というものがあるわけで、その名誉を「嘘」で汚されたならば、当然、汚した相手に対して制裁を加える。
当然のことだ!

 戦時中の従軍慰安婦問題について「捏造(ねつぞう)された歴史だ」と主張し、日本の加害責任を否定するパネル展が最近、札幌市の公共施設などで相次いで開かれている。現代の韓国人女性の売春に触れたパネルもあり、市民団体などは「人権侵害で民族差別だ」と憤る。ただ、市は憲法21条が保障する表現の自由を守る立場から利用を認めている。

 「(慰安婦が)『日本軍に性奴隷にされた』話は全くの嘘(うそ)」。今月3、4日、札幌市豊平区の豊平区民センターで開かれた「歴史写真展 史実に見る慰安婦」。独自の歴史観を示す36枚のパネルが並んだ。

 パネルは慰安婦について、当時法的に容認された公娼(こうしょう)制度と「おおむね同じ」と主張。旧日本軍が侵攻したビルマ(現ミャンマー)で慰安婦だった朝鮮半島出身の故文玉珠(ムンオクチュ)さんを取り上げ、文さんが約2万6千円を蓄えていたとして「慰安婦の所得は(軍の)大将を上回る高額」と説明した。文さんの回想録から、兵士の1人に恋をしていたことも抜粋した。

 さらに現代の韓国人女性について「10万人以上が世界中で売春を行っている」と記述した。ただ、その根拠や慰安婦の歴史を問うこととの関係性を示す説明は見当たらない。

 主催した実行委員会の1人で札幌在住の70代男性は「日本人の名誉を守りたい」と話す。パネル展は若い世代を含む数十人で準備をすることもあるといい、2014年からこれまでに札幌エルプラザ(北区)や区民センター、旭川、岩見沢両市などで15回開催した。今月のパネル展は保守系団体・日本会議の北海道本部が後援し、実行委にも会員が入っている。
「歴史を歪曲、捏造している」

 ただ日本政府は、1993年当時の河野洋平官房長官談話で慰安婦が旧日本軍の関与の下で「心身にわたり癒やしがたい傷を負われた」と認めている。慰安所では、兵士らに利用料が課されていたとの史料も残るが、日銀の調査では、文さんがいたビルマは超インフレで貨幣価値が暴落していた。文さんの回想も憲兵らに連行され慰安婦になり、連日多くの兵士の相手をさせられて涙したり、暴力を受け骨折したりとつらい経験が大半だ。

 歴史の継承に取り組む市民団体はパネル展に警戒感を強める。在日朝鮮人2世で「日本軍『慰安婦』問題の解決をめざす北海道の会」の金時江(キムシガン)共同代表は「展示は歴史を歪曲(わいきょく)、捏造し、元慰安婦の尊厳を再び傷つけ、特定の民族をおとしめる内容。許せない」と憤る。

 札幌市には展示への抗議や、施設を使わせないよう求める意見が約30件寄せられている。これに対し、秋元克広市長は6日の定例市議会で、関連質問に「パネル展は主催団体の歴史認識を表明したもので、ただちに利用を不承認とすることにはならない」と答弁。表現の自由の下で、施設の利用制限は抑制的にすべきだとの判例を踏まえた。

 学生と元慰安婦を訪問する学習を行ってきた神戸女学院大の石川康宏教授は「何が真実なのか、市民一人一人が考え、確かめる責任がある」。慰安婦問題を扱う教育や報道が少ない現状を懸念し、社会がもっと歴史に向き合うよう訴える。(須藤真哉)


>市民団体などは「人権侵害で民族差別だ」と憤る。ただ、市は憲法21条が保障する表現の自由を守る立場から利用を認めている。

朝鮮の性風俗を紹介するうことは人権侵害でも民族差別でもない。 
性風俗を紹介する雑誌など山のようにある。

売春は多くの先進国で戦前の日本と同様に『合法』であり、娼婦は税金を払う立派な納税だ。 その立派な市民の現状を紹介することが「差別だ」など言うことは、娼婦に対する侮辱であり職業差別だ。

>現代の韓国人女性について「10万人以上が世界中で売春を行っている」と記述した。ただ、その根拠や慰安婦の歴史を問うこととの関係性を示す説明は見当たらない。

戦前も朝鮮半島には多くの娼婦が存在し、現在も極めて多くの娼婦が存在する状況の中で、戦中の数年間だけ、朝鮮女性が淑女いなることなど信じ難い事である。

<< 世界で最も売春婦の比率が高い国のトップ10 >>

1位:ベネズエラ(1万人中119人)
2位:韓国(1万人中110人)
3位:ペルー(1万人中102人)
4位:フィリピン(1万人中85人)
5位:ナイジェリア(1万人中63人)
6位:中国(1万人中60人)
7位:ブラジル(1万人中53人)
8位:マレーシア(1万人中52人)
9位:ドイツ(1万人中49人)
10位:タイ(1万人のうち45人)  

仮に、慰安婦の主張が本当だとしたら、『一体、朝鮮は、いつからこのような売春大国になったのか』という疑問が湧くわけで、現代の慰安婦状況を調べ、そこから遡って朝鮮娼婦の調査をすることは重要なことだ。
結果は、もちろん、戦中も売春大国であった。

そもそも、日本に立証責任はない。

日本が行うことは「朝鮮慰安婦の主張が間違っている。」或いは、「日本軍ではなく、他の者が行なった可能性がある。」という反証を行うだけだ。

『慰安婦と性奴隷の関係を立証する立証責任』があるのは慰安婦だ!

>ただ日本政府は、1993年当時の河野洋平官房長官談話で慰安婦が旧日本軍の関与の下で「心身にわたり癒やしがたい傷を負われた」と認めている。慰安所では、兵士らに利用料が課されていたとの史料も残るが、日銀の調査では、文さんがいたビルマは超インフレで貨幣価値が暴落していた。文さんの回想も憲兵らに連行され慰安婦になり、連日多くの兵士の相手をさせられて涙したり、暴力を受け骨折したりとつらい経験が大半だ。

事件を起こした本人の証言は自白となり証拠価値がある。
しかしながら、河野洋平官房長官談話を発表した河野は当事者ではないわけで、河野が証拠を出せなければ、河野談話には何ら意味を持たない。 ただの河野の血迷い事ということになる。

また、被害者とされる者は、自分の主張が真実であることを証明する義務を負っており、自分が性奴隷にされたということを証明し、かつ、それが日本人以外にいなかったということを立証しないといけない。 

「連日多くの兵士の相手をさせられて涙したり、暴力を受け骨折したりとつらい経験が大半だ」という根拠や客観的な証拠は提出されていない。

ブラック企業を証明するようにキチンと証拠を出してこないといけないわけだが、そのような証拠は何一つない。

このように慰安婦は、誰一人として証拠を出していない。 だから、慰安婦達はサンフランシスコの裁判で敗訴したのだ。

シスコ連邦地裁の裁判官「慰安婦、証拠を出せ!」

>在日朝鮮人2世で「日本軍『慰安婦』問題の解決をめざす北海道の会」の金時江(キムシガン)共同代表は「展示は歴史を歪曲(わいきょく)、捏造し、元慰安婦の尊厳を再び傷つけ、特定の民族をおとしめる内容。許せない」と憤る。

お前達が証拠のない主張を続け、日本軍の名誉を汚しているのだ。 
名誉毀損だ!
その証拠は、山のようにある。

>学生と元慰安婦を訪問する学習を行ってきた神戸女学院大の石川康宏教授は「何が真実なのか、市民一人一人が考え、確かめる責任がある」。慰安婦問題を扱う教育や報道が少ない現状を懸念し、社会がもっと歴史に向き合うよう訴える。


神戸女学院大というのは、慰安婦の捏造を支援するアホ共の集まりだ。しかも、その活動はオーストラリアにまで及んでいる。

この大学の学生をメルボルン大学に留学させて日本語を履修させ、反日教育を行う在日教師の言葉を疑う同じクラスのオージーの生徒に「私も最初は『まさか、日本が・・・・・・』と思ったが、大学の授業で真実を知ってびっくりた。」と猿芝居をさせている。 「日本語がペラペラな日本人がなぜ日本語を履修するのか」と問うてくるオージーの学生には「いやぁ、単位が足りないから、簡単に単位が取れる日本語を取っている」と誤魔化しているという。  

もちろん、履修する目的は単位の取得のためではなく、在日教師の捏造話に疑念を持っている生徒を狙って信じこませるという洗脳サポートをするためだ。

要は「さくら」を忍び込ませているということだ。


クリックをよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

< 第二次大戦 名言集 >
hqdefault.jpgsmile.jpg
< Racism America & Sex Slaves >
ブレイクニー弁護人.jpeg
< FDR plans sneak attack before Pearl Harbor >
mqdeffafafdaault.jpgsfafafada.jpg



posted by Kissandtell at 22:34| シドニー ☀| Comment(0) | 朝鮮娼婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

日本人の性犯罪率は、やっぱり、極めて少ない

←読む前に、クリックをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

オーストラリアでは、年間、12万人前後の女性が性犯罪の犠牲者になるという。

The Australian Bureau of Statistics (ABS) Personal Safety Survey 2005 found that 126,100 women (1.6%) experienced sexual violence in the previous 12 months. Further findings from this study indicate that 1 in 5 women (1,469,500) experienced sexual violence since the age of 15. Overall 45% of women sexually assaulted since the age of 15 had been victims of more than one sexual assault (ABS Women’s Safety Survey, 1996).


1年間に性的暴行を受けた人は126,100人で、これを10万人あたりに換算すると110人となってOECDの数値とほぼ同じ数だ。

Statistics show that females consistently record higher rates of sexual assault than males, irrespective of age. The majority of sexual assault victims are female (82% in 2003) and the highest victimisation rate for females is in the 15-19 year age group, followed by the 10-14 year age group (ABS Recorded Crime – Victims 2003).

ちなみに、オーストラリアにおいて、女性の被害者は性的暴行を受けた人の80%だという。日本では、たとえ男性がレイプされても強姦には分類されず暴行罪、極性わいせつ罪などになるという。

オーストラリアの性暴行被害者の数を男女を合わせると137人となる。

OECD諸国の強姦発生率

1. オーストラリア    91.9件/10万人(人口2277万人)

2. スウェーデン      58.6件/10万人(人口954万人)

3. ニュージーランド 30.6件/10万人(人口444万人)

4. 合衆国        28.6件/10万人(人口3億1418万人)

5.イングランド及びウェールズ(英国)27.7件/10万人

6. ベルギー        26.6件/10万人(人口1110万人)

7. アイスランド      24.7件/10万人(人口33万人)

8. 北アイルランド(英国)23.6件/10万人

9.ノルウェー        20.6件/10万人(人口504万人)

10.イスラエル       17.5件/10万人(人口770万人)

11.スコットランド(英国) 17.0件/10万人

12.仏国           16.2件/10万人(人口6391万人)

13.韓国       13.5件/10万人(人口5001万人)

14.チリ         13.3件/10万人(人口1740万人)

15.メキシコ       13.3件/10万人(人口1億1487万人)

16.フィンランド       12.4件/10万人(人口543万人)

17.ルクセンブルク    11.7件/10万人(人口53万人)

18.オーストリア      9.3件/10万人(人口847万人)

19.エストニア        9.2件/10万人(人口134万人)

20.ドイツ           8.9件/10万人(人口8192万人)

21.オランダ 8.8件/10万人(人口1676万人)

22.スイス 8.7件/10万人(人口800万人)

23.アイルランド      8.5件/10万人(人口459万人)

24.イタリア         7.6件/10万人(人口6082万人)

25.デンマーク       6.4件/10万人(人口558万人)

26.チェコ          4.6件/10万人(人口1055万人)

27.スペイン         4.5件/10万人(人口4616万人)

28.ポーランド        4.0件/10万人(人口3890万人)

29.スロベニア        3.9件/10万人(人口206万人)

30.ポルトガル        3.5件/10万人(人口1054万人)

31.スロバキア       2.6件/10万人(人口544万人)

32.ハンガリー       2.3件/10万人(人口996万人)

33.ギリシャ         2.2件/10万人(人口1130万人)

34.トルコ         1.5件/10万人(人口7489万人)

35.カナダ         1.4件/10万人(人口3483万人)


36.日本      1.1件/10万人(人口1億2761万人)


OECDrape.jpg

Conviction rates for sexual assault continue to be low. Research reviewing the South Australian Office of Crime Statistics figures for 1981-1991 demonstrated that outcomes of guilty as charged for rape and attempted rape were low and falling as a proportion of these offences reported to the police. In 1991, the number of findings of guilty as charged was only 4% of the number of rape offences reported to South Australian police (Heath & Naffine, 1994). Conviction rates have fallen since this time. Over the decade 1993-2002 the rate of convictions as charged for rape and attempted rape has fallen from 3.1% in 1993 to as low as 1.6% of the number of offences reported in 1998 and 2001.


オーストラリアでは、レイプあるいはレイプ未遂事件で有罪判決が下されるのは数%に過ぎない。

オーストラリアのレイプの定義は下記のようになっており、アメリカと同じと言っていい。

Sexual penetration can include any of the following:
penetration of:

Penetration of vagina, labia majora
Cunnilingus (oral sex of the vagina)
Fellatio (oral sex of the penis)
Penetration of anus

penetration by:

Penis
Object
By any part of the body of another person or by an object


日本での「強姦」は、「刑法177条、178条2項、178条の2、181条2項、3項で規定されているもの(強姦罪、準強姦罪、集団強姦罪、集団準強姦罪、強姦致死傷罪、準強姦致死傷罪、集団強姦致死傷罪、集団準強姦致死傷罪およびそれらの未遂)を指し、強盗強姦罪は含まない。」となっており、これは、英国やフランスと似通っている。


確かに、オーストラリアの強姦の定義は日本や英国、フランスよりは広いが、有罪判決率が極めて小さい。 有罪判決率を日本と同じほぼ100%だとしたら、オーストラリアの10万人当りのレイプ被害者の数は『88人から約1700人』となる。

また、オーストラリアにおいて「日本などの定義以外の方法での強姦を働く者がどれだけいるのか?」ということを考えれば、これも少ないだろう。 日本の強姦の定義以外の行為の件数が50%だとしても、有罪判決率を日本と同じしたなら、10万人当たりのレイプ被害者の数は約800人になる。

裁判での有罪判決がどの程度なのか、また、レイプの定義は広いが、その中で日本と重ならない部分がどれほどあるのかも考慮に入れないといけない。

また、女性が告訴する割合がオーストラリア人の方が多いというのは思い込みに過ぎないようだ。

It is very difficult to know the true extent of sexual violence. According to recent findings, reporting rates for sexual assault have increased from 15% (Australian Bureau of Statistics Women’s Safety Survey, 1996) to 19% in the Australian Bureau of Statistics Personal Safety Survey 2005. However, this still means that 81% of sexual assaults are not reported. Lievore (2003) lists personal and justice system barriers as reasons for not reporting.

性的暴行を受けたオーストラリアの被害者が警察にレポートする割合も20%に過ぎず、日本の13.3%(法務総合研究所「第3回犯罪被害実態(暗数)調査」より)と大きな差はない。 日本の女性が特に泣き寝入りをするというわけではないようだ。


各々の国で多少の違いはあるにせよ、やはり、オーストラリアの性犯罪は日本よりも遥かに多いことがわかる。 

もちろん、韓国のレイプ犯罪の多さも日本の件数とは比べ物にならないものであり、アジアでNo1であるという事実もかわらない。





このことは戦時中の性犯罪にも言える。

日本人の性癖が戦時中だけ変わって白人や朝鮮人並に凶暴になり、逆にアメリカ人やオーストラリア人が日本人のように紳士的になるなどあり得ない!




日本兵が、戦時中、性犯罪を犯したとすれば、白人はその何十倍もの犯罪を犯していたということが推測でき、それが表に出ないのは戦争に勝ったからに他ならない。 

原爆投下という国際条約に反する戦争犯罪を犯しておきながら何も感じない国の者達には、レイプなど罪の内には入らないのだろう。だから、日本のように軍法会議にかけて罰することもなかったのだ。

自軍の兵士の犯罪をきっちり裁いていた日本軍は、本当に立派だと言える!


アメリカ軍人は、21世紀になっても昔と変わらない。


『毎日新聞』(3月19日付)の「イラクは今:開戦10年 米女性兵3割レイプ被害 軍内部、公聴会ようやく」という記事によると、「米英軍主導の侵攻から20日で10年を迎えるイラクや国際部隊の駐留が続くアフガニスタンに派遣された米女性兵士延べ28万人の3割以上が、上官らから性的な暴行を受けていたことが分かり、米国内で『見えない戦争』と問題視されている。連邦上院の軍事委員会で13日、『軍内性的トラウマ(MST)』と呼ばれる心的ストレスに関する公聴会が初めて開かれた。新たな被害を恐れ沈黙を余儀なくされてきた被害者は『風穴が開いた』と歓迎している」、「カリフォルニア州図書館調査局が昨年9月に発表した実態調査によると、イラクとアフガニスタンに派遣された女性兵士の33.5%が米軍内でレイプされ、63.8%が性的いやがらせを受けたと回答した。国防総省も問題を認めている。軍内での性的暴力は2010年だけで、男性の被害も含め推計1万9,000件にのぼる」


クリックをよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

< 第二次大戦 名言集 >
hqdefault.jpgsmile.jpg
< Racism America & Sex Slaves >
ブレイクニー弁護人.jpeg
< FDR plans sneak attack before Pearl Harbor >
mqdeffafafdaault.jpgsfafafada.jpg
posted by Kissandtell at 21:06| シドニー | Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

米国が『 Remember 〜』と言ったら、それは自作自演だ!

←読む前に、クリックをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

安部総理が真珠湾にある記念館を訪れるニュースの中で勘違いをしたアメリカ人二人がインタビューに応え、「安部総理はもっと早く来るべきだ」と述べていた。

日本軍による真珠湾攻撃は、宣戦布告無きアメリカ軍による日本への攻撃の報復であり、日本軍の奇襲ではない。

真珠湾攻撃の5ヶ月も前にルーズベルトは日本に対する攻撃許可を米軍に出しており、フライングタイガーズと呼ばれる戦闘機を200機以上も中国へ送っていた。 

軍への攻撃は国家への攻撃であるからして、フライングタイガーズの攻撃は、まさに、宣戦布告無しの奇襲である。

この際、「フライングタイガーズのパイロットはアメリカ軍から籍を抜いているので米国の攻撃ではない」と、屁理屈を言う者がいるが、もし、軍人でなければテロリストであり、その許可を出した米国大統領はテロのリーダーであって、アメリカはテロ国家ということになる。



また、このフライングタイガーズの一件がなかったとしても、米軍の軍艦が公海を潜行中の日本の潜水艦をパールハーバー攻撃の1時間20分前に撃沈している。 もちろん、ルーズベルトは日本に対して宣戦布告などしてない。

このことからわかるように、奇襲を仕掛けてきたのは明らかに米国であり、日本軍によるパールハーバーへの攻撃は宣戦布告なしに日本に対して攻撃を仕掛けて来たならず者国家であるアメリカへの報復攻撃であったのだ。

時系列で整理するとこうなる。

7月23日ルーズベルトが対日攻撃計画書『JB355』に署名
12月8日 12:10米国海軍司令部、日本の潜水艦の撃沈を入電にて確認
12月8日13:30真珠湾報復攻撃開始


下の写真は2007年4月21日も日中戦争で活躍した戦闘機部隊「フライング・タイガー」のエドワード元大佐が訪中し、北京航空博物館に訪れた時のものだという。

写真の男が手に持っている布はパイロットのスーツに縫い付けられていたもので「来華助戦洋人、軍民一体救護(この者は中国を助けるためにやってきた外国人である。軍人も民間人もみなこの者を助けよ)」と書かれており、不時着した時などに現地の中国人の助けを借りる為の物だそうで、実際、多くの隊員が救われたという。



第二次世界大戦における日米の惨劇の原因は、ルーズベルトにある。

『 Remember pearl harbor 』など叫び、米国国民を戦争へ引きずり込んだルーズベルト! この男さえ、いなかったら、全く別の世界ができていたことだろう。

ルーズベルトの暗殺が失敗していたこと本当に悔やまれる。

FDR暗殺の失敗がアジアに悲劇を招いた。その責任はJPモルガン!

アメリカのリーダーが「Remember〜」と言ったのは真珠湾が最初ではない。

最初は、米西戦争の時だ。
この時も、米国は自分の船を自分で爆破しておきながら「スペイン軍の攻撃によって沈められた」と嘘を付き、スペインに攻撃を仕掛けている。
この時に言われたのが『 Remember the Maine 』だ。
Maineというのは、アメリカが自分で沈めた米国の船の名前だ。

Bud Dajo massacre

終戦の日に長岡花火を「真珠湾」で上げる!

Manila massacre by USA 米国に2度騙され虐殺されたフィリピン人

自作自演でないのは『Remember the Alamo!』くらいだろうか。。。。

クリックをよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

< 第二次大戦 名言集 >
hqdefault.jpgsmile.jpg
< Racism America & Sex Slaves >
ブレイクニー弁護人.jpeg
< FDR plans sneak attack before Pearl Harbor >
mqdeffafafdaault.jpgsfafafada.jpg




posted by Kissandtell at 23:40| シドニー | Comment(0) | 連合国戦争犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする