2017年08月15日

トランプの決断!-Necessary Casualty-

←読む前に、クリックをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テレビに出演するコメンテーターで「同盟国である日本、韓国に多大な犠牲者が出る」「韓国には、何万人という米国人がいる。 その米国人に避難指示が出ていないから戦争はない」と主張する者がいるが、本当にそうだろうか?

まず、アメリカが日本人の犠牲などを本当に考慮してくれるなどと考えているとしたらまったく脳天気としか言えない。 
白人という動物のことをよく理解していない証拠だ。

では、白人の米国人がいれば、攻めないかといえば、それもない。

米国政府はアメリカ軍人の捕虜が広島にいることを知っていながら原爆投下という無差別殺戮を断行した。

軍人だけはない!「テロには屈しない!」ということで、民間人の人質を犠牲にしてでもテロリスト制圧に乗り込む。 人質の中に子供がいても躊躇しない!

テロ事件は偶発的に起きるわけで人質には考慮されるべき落ち度はほとんどないが、今、韓国にいいる在韓日本人や米国人は、避難する決断をするに十分な情報が与えられており、自ら韓国を離れる決断ができる状況にある。

自ら判断できる立場にあって、避難しないという判断をした者が犠牲になったとしても致し方がない。

今、あの刈り上げデブを殺害しないと、在韓米米人の数を遥かに超える犠牲者が米国内で出る可能性がある。

トランプは、きっと正しい判断をするだろう。

「シスコ連邦地裁の裁判官「慰安婦、証拠を出せ!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/440987939.html


「原告が多大な苦痛を味わったという点は認められるが、裁判所は原告らが主張を裏付ける資料を提出するよう、数回にわたり機会を与えたにもかかわらず、資料を提出しなかった。裁判所はこれ以上、原告の主張について議論できない状況となった。」原告側の弁護士に対する叱責(しっせき)のように感じられる内容だった。


「慰安婦性奴隷説の吉見 義明 敗訴!逆提訴してゾンビに十字架を刺せ!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/451806267.html


「進駐軍も「慰安所設置要請」千葉で公文書発見、これで米国もアウトだ!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/432595687.html


クリックをよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

< 慰安婦は単なる娼婦だったという証拠 >
idfadfandex.jpeg
idfadfandex.jpeg
idfadfandex.jpeg
< RANDOMYOKO2 >
hqdefault.jpg
hqdefault.jpgsmile.jpg
< 東京裁判という名の茶番劇 >
fssfs.jpegブレイクニー弁護人.jpeg
< 第二次大戦 名言集 >
hqdefault.jpgsmile.jpg
< FDR plans sneak attack before Pearl Harbor >
mqdeffafafdaault.jpgsfafafada.jpg
ラベル:necessary casualty
posted by Kissandtell at 07:58| シドニー | Comment(0) | トランプ大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

日本定住を試みる朝鮮人

←読む前に、クリックをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



2017年8月9日、韓国・東亜日報は、就職難が続く韓国から抜け出し日本に働き口を求める若者が急増する中、彼らが日本を選んだ決め手について若者たち自身が語った記事を報じた。

韓国の現代経済研究院が日本の厚生労働省の資料を分析した結果、日本で就職した韓国人は2008年に統計を取り始めた当時2万611人だったが、昨年には4万8212人となり、8年で2倍以上に増えていたことが分かった。


以前、産経新聞の記者が出国禁止となったことがあったが、日本企業は、報復として、日本で就職したい朝鮮人に対して慰安婦事件は単なる詐欺事件であると認めない限り内定を出さないようにしたらどうだろう。
出国禁止にしてしまったら、今いる在日同様に喜んで日本に住み着いてしまうので出国禁止の報復はすべきではない。 

そもそも、なぜ、嘘と捏造で日本民族を貶める性悪朝鮮人などを入国させるのだろう? 
性格が悪いだけではなく、犯罪率も高い。 特に、朝鮮の性犯罪の発生率は、アジアでNo1であることを考えれば、日本人女性保護の観点からも入国などさせるべきではない。

朝鮮人などを入国させ、しかも、就職させることにどんなメリットがあるとうのだろう?

在日朝鮮人とっても、朝鮮半島から来る朝鮮人は自分達を「白丁」と呼び差別し蔑視していた差別主義者なわけで、彼らが来ることになれば、また、自分達がバカにされるという思いがあり、いい気分ではないはずだ。 

在日が「日本で差別された!」と騒ぎながら、一向に朝鮮半島へ帰らないのは、朝鮮半島に戻り、この生活↓に戻ることが嫌だからに他ならない。







差別といえば、日本でもかつて「差別だ!」と部落民が大騒ぎをしていたが、今でも、この連中は「差別だ!」と騒いでいて集会を開いている。 

かつては共産党も部落解放同盟の支援を行っていたが、もう差別はないとして活動を中止している。 あの人権に煩い共産党さえもが「差別はなくなった」と言っているのにも関わらず、集会などを開く理由は何なのだろう?
部落民は反社会的な集団のメンバーであることも多く、自分達の存在を誇示、活動をしやすくするために会を開いているのだ。



このことも問題だが、更なる重大問題は、その会に民進党の議員が参加していることだ。

写真の中で、民進党の山井 和則がマイクを持って演説をし、前原誠司がその後ろに立っている。



前原は、朝鮮料理店経営の朝鮮人女から政治献金を違法に受け取っていて、国交大臣の際に大臣室にまでこの女を入れていた。



日本に住み着いた朝鮮人が国会議員にまでなっている。

オーストラリアが侵略者の白人に乗っ取られて支配されてしまったように、このままだと、日本が朝鮮人によって支配されてしまうだろう。


「シスコ連邦地裁の裁判官「慰安婦、証拠を出せ!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/440987939.html


「原告が多大な苦痛を味わったという点は認められるが、裁判所は原告らが主張を裏付ける資料を提出するよう、数回にわたり機会を与えたにもかかわらず、資料を提出しなかった。裁判所はこれ以上、原告の主張について議論できない状況となった。」原告側の弁護士に対する叱責(しっせき)のように感じられる内容だった。


「慰安婦性奴隷説の吉見 義明 敗訴!逆提訴してゾンビに十字架を刺せ!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/451806267.html


「進駐軍も「慰安所設置要請」千葉で公文書発見、これで米国もアウトだ!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/432595687.html


クリックをよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

< 慰安婦は単なる娼婦だったという証拠 >
idfadfandex.jpeg
idfadfandex.jpeg
idfadfandex.jpeg
< RANDOMYOKO2 >
hqdefault.jpg
hqdefault.jpgsmile.jpg
< 東京裁判という名の茶番劇 >
fssfs.jpegブレイクニー弁護人.jpeg
< 第二次大戦 名言集 >
hqdefault.jpgsmile.jpg
< FDR plans sneak attack before Pearl Harbor >
mqdeffafafdaault.jpgsfafafada.jpg

posted by Kissandtell at 15:32| シドニー | Comment(0) | 反日活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

ホラ吹き・変態新聞に捨てられた蓮舫と迫り来る日本の危機

←読む前に、クリックをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

蓮舫は、未だに図々しく国会議員を辞めずに続けているが、新聞による蓮舫の評価を比較したサイトがあったので紹介する。

ホラ吹き朝日や変態毎日は蓮舫を擁護するものと思っていたが、この両売国新聞までもが蓮舫を「用無し」と切り捨てているところが驚きと言えば驚きだ。



「なるほど!」と共感を得たのは読売の記事の中にある一文で「高圧的で品位を欠く発言が多かった」というものだ。

中国人(台湾人ではない)を父に、そして、在日朝鮮人を母に持った子に品格を求めることは酷だと言っていいだろう。

しかし、よく考えてみてほしい。

世界の人々から見れば蓮舫は日本人だ!

蓮舫は中国名を使っているのでまだマシだが、ほとんどの帰化人は日本名を使用しているわけで、彼らの言動が表に出る度に日本人の評価が下がっていく。

更に大きな問題は、帰化人に日本名の使用を許している為に、有権者が彼らを帰化人とは知らずに議員に選んでしまっていることだ。

これでは、オーストラリアの二の舞いになりかねない。

アボリジニは、白人にオーストラリアを乗っ取られ、「アボリジニは優遇されすぎている」などという生意気な口を利かれるような立場になってしまったが、このまま行ったら、日本も同じように図々しいホラ吹きDNAをもった偽装日本人に国を奪われ、奴らに「ネイティブ日本人は黙って従っていろ!」と言われる立場になりかねない。

既に、テレビをみても、朝鮮からの帰化人がコメンテーターとして出演して我が物顔でコメントを出している。 

もういい加減、我々ネイティブ日本人は旧植民地人である朝鮮人に対して自分達が居候であるということを自覚させ、ネイティブ日本人が主導権を奪取し、本来の秩序ある日本社会に戻さなければいけない。

そのためなら多少のことには目を瞑るべきだろう。

品格のない侵略者に品格ある対応など必要ないのだから!





(1)産経新聞「蓮舫は提案できない無能だった」

東京都議選で大敗し、野田佳彦幹事長の辞任で乗り切ろうとしたが、党内の反発は強く、続投は困難な状況だった。低迷を極める党勢をみて、自ら引責辞任した判断は妥当といえよう。

蓮舫氏は昨年9月、高い知名度などを期待されて党代表に選ばれた。提案型、対案型の党になると標榜(ひょうぼう)したが、その実体は55年体制下の社会党のような「反対政党」にすぎなかった。

アベノミクスの「失敗」は盛んに批判したが、経済成長に資する政策を自ら説得力をもって披露する場面もなかった。

加計学園」問題などで政府・与党には説明責任を果たすよう求めながら、蓮舫氏の「二重国籍」問題への説明は二転三転した。

蓮舫氏が率いた民進党の問題点は、政権を担う場合に備え、現実的な政策を国民の前に示すという基本的な作業をおろそかにしていたことにある。

http://www.sankei.com/column/news/170728/clm1707280002-n1.html
http://www.sankei.com/column/news/170728/clm1707280002-n2.html



(2)読売新聞「下品に批判しているだけ。政策提案ができないのは勉強不足だから」


求心力の低下が止まらず、党運営に行き詰まった末に、代表の座を放り出したと言えよう。党内をまとめることができず、蓮舫氏を支えるのは事実上、約10人の野田氏のグループだけとなっていた。

安倍首相を舌鋒(ぜっぽう)鋭く追及し、目を引いたのは確かだが、高圧的で品位を欠く発言が多かった。「批判から提案へ」と対案路線を標榜ひょうぼうしながら、最後まで目立った成果を上げられなかった。明確な国家観や政策理念が見えなかった。政策をじっくり勉強してこなかったツケを払わされた、と言わざるを得ない。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20170728-OYT1T50030.html


(3)毎日新聞「お粗末。政治家としてもリーダーとしても実力がない」




タイミングにおいても、この間の議論の進め方においても、お粗末としか言いようがない。党首として致命的な判断ミスの連続である。政治手腕に不安の声があった蓮舫氏をトップに据えたのは政権の受け皿作りよりも、選挙の顔としての期待からだった。民進党は党をまとめる理念や政策の不一致を放置してきた。
https://mainichi.jp/articles/20170728/ddm/005/070/068000c

毎日新聞が変態新聞と呼ばれる理由がこれだ。

< 毎日新聞のWebサイト「WaiWai」に載せられていた記事 >

A disgusting and twisted restaurant in the Tokyo entertainment district of Roppongi is enticing warped rich folk with the opportunity to figuratively have their cake and eat it, too − with animals, according to Jitsuwa Knuckles (9/25).
Roppongi’s bestiality restaurant is being regarded by its main nouveau riche patronage of young company presidents and venture capitalists as a decadent practice only possible among the wealthy.
“Apparently, the restaurant started off quietly in the basement of a building that a real estate agent in Roppongi who couldn’t find any other tenants,” an S&M club worker identified only as M tells Jitsuwa Knuckles. “News about the restaurant spread through word of mouth and it became popular.”
M says she visited the members-only restaurant about half a year ago after being invited there by one of her regulars, a well-heeled lawyer.
At first glance, the first floor restaurant appears fairly nondescript. When a customer goes in, they give their name to a receptionist. When they are approved, they pass through a wooden door to be greeted by another door, this one made of metal. Passing a membership card over a scanner outside the door will automatically open it. Inside is an eatery that resembles just about any other Italian restaurant.
Membership in the restaurant is open only to those with an annual salary of at least 20 million yen, and a minimum cash flow of 100 million yen.
“After we got into the main restaurant, an employee escorted us down to the basement,” M says. “The walls were pitch black and the floor covered in a blood red carpet, so I guess the place must be a refurbished S&M club.”
Once the customer feels prepared, they will be presented with beast of their choice. In the lawyer’s case, it was a sow.
“I’d been told what to expect, but when I actually saw what was happening, it was as shocking as you’d imagine it to be,” M tells Jitsuwa Knuckles. “Later, the lawyer told me the appeal of the place just came about because when people have got money and done everything else, they turn toward bestiality.”
Once the lawyer had finished porking the pig, the couple returned to the first floor and sat at a table to dine. M says she was totally shocked when staff members carried in roast pork − made of the same sow the lawyer had earlier been with.
“I was about to vomit,” M says. “It was the same pig that had been squealing just moments before. Now, it had been roasted whole. I managed to avoid eating it by only having salad.”
Incidentally, prices range from 200,000 yen to 500,000 yen for a chicken, dogs cost somewhere between 300,000 yen and 800,000 yen, while pigs and goats start at around 800,000 yen. Charges are higher depending on whether the creature is female and how active it is.
“The owner says he is prepared to cook up any kind of animal at all,” M tells Jitsuwa Knuckles. “He even said he’d prepare elephants … but I think he might have been joking about that.” (By Ryann Connell)


(4)朝日新聞「政策がダメ。存在価値に疑問」




突然の辞意表明は、民進党が野党第1党として崖っぷちに立っていることを印象づける。

民進党は、加計、森友問題などで政権を監視・追及する野党の重要な役割は担ってきた。それでも国民の支持がいっこうに広がらないのはなぜなのか。

最大の理由は、政党にとって最も大事な政策の軸が定まらないことだろう。民進党の存在意義はどこにあるのか。どのような政策の柱を立てるべきなのか。
http://www.asahi.com/articles/DA3S13059337.html?ref=editorial_backnumber




「シスコ連邦地裁の裁判官「慰安婦、証拠を出せ!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/440987939.html


「原告が多大な苦痛を味わったという点は認められるが、裁判所は原告らが主張を裏付ける資料を提出するよう、数回にわたり機会を与えたにもかかわらず、資料を提出しなかった。裁判所はこれ以上、原告の主張について議論できない状況となった。」原告側の弁護士に対する叱責(しっせき)のように感じられる内容だった。


「慰安婦性奴隷説の吉見 義明 敗訴!逆提訴してゾンビに十字架を刺せ!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/451806267.html


「進駐軍も「慰安所設置要請」千葉で公文書発見、これで米国もアウトだ!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/432595687.html


クリックをよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

< 慰安婦は単なる娼婦だったという証拠 >
idfadfandex.jpeg
idfadfandex.jpeg
idfadfandex.jpeg
< RANDOMYOKO2 >
hqdefault.jpg
hqdefault.jpgsmile.jpg
< 東京裁判という名の茶番劇 >
fssfs.jpegブレイクニー弁護人.jpeg
< 第二次大戦 名言集 >
hqdefault.jpgsmile.jpg
< FDR plans sneak attack before Pearl Harbor >
mqdeffafafdaault.jpgsfafafada.jpg
posted by Kissandtell at 20:41| シドニー | Comment(0) | 日本の反撃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする