2015年05月22日

『背乗り(HAINORI)』

←読む前に、クリックをよろしく!

日本には戸籍があり、日本人なら誰しもが戸籍を持っていて自分の祖先をさかのぼって知ることができる。

密入国した朝鮮人にはその戸籍というものがない。
そこで、奴ら思いついたのが戸籍を盗み日本人になりすますという方法だ。
その方法を『背乗り(はいのり)』という。 どうやら公安が使用する専門用語らしい。

「軍の命令で朝鮮女を強制連行した」とホラを吹いた吉田清治も「背乗り」ではという疑いがかけられている。
その根拠がこれだ。


吉田氏の本名は吉田雄兎(ゆうと)。清治はペンネームで、他に別名として東司、栄司を名乗っている。著書で「本籍・山口県」としているが、実は福岡県だった。門司市立商業学校(当時)の卒業生名簿には「吉田雄兎」の名があるが、卒業生名簿には「死亡」と記されている。

著書の記述では、1937年、満州国地籍整理局に務め、39年から中華航空上海支店に勤務したことになっている。しかし、歴史学者の上杉千年氏の調査では中華航空社員会で吉田を記憶する者はいなかった。

吉田氏によれば、40年に朝鮮の民族主義者で日本の民間人を殺害した金九(キム・グ)を輸送した罪で逮捕され懲役2年の刑を受けたという。ただ、吉田氏は、現代史家の秦郁彦氏に対し、罪名はアヘン密輸にからむ「軍事物資横領罪」であることを告白している。

42年に山口県労務報国会下関支部動員部長に就いたとする吉田氏。済州島での慰安婦狩りも、著書で「(強制連行の)実態は私が家内にしゃべったか見せたかしたので、家内の日記の中にありました」と書くが、吉田氏が実際に妻と結婚したのは「慰安婦狩り」を行ったという時期の1年後のことだとされる。

著書には戦後の吉田氏の足跡は一切触れられていないが、秦氏によると47年に下関市議に共産党から出馬し落選。70年ごろには福岡県の日ソ協会役員に就いた。

これら吉田氏自身の虚構は、秦氏や上杉氏、戦史研究家らの丹念な調査・研究で明らかになった。秦氏は、吉田氏を「職業的詐話師」と呼ぶ。こんな男の証言を、朝日は慰安婦強制連行の証拠として、報じ続けたわけだが、謝罪や木村伊量(ただかず)社長の記者会見もしないのか。

吉田証言は、米紙ニューヨーク・タイムズなどの海外メディアだけでなく、韓国政府の報告書や、国連人権委員会のクマラスワミ報告書にも引用された。

吉田氏は96年の週刊新潮(5月2・9日合併号)のインタビューで「本に真実を書いても何の利益もない」「事実を隠し、自分の主張を混ぜて書くなんていうのは、新聞だってやっている」などと捏造(ねつぞう)を認めた。その後、2000年7月に死去したという。




この背乗りは、TBS社会部「Nスタ」現役キャスター竹内明によって小説という形で書籍になっている。



小説ではなく、実際に背乗りを行なった者によって引き起こされたのが2012年に発覚した「尼崎事件」だ。
これは、背乗りが都市伝説ではなく、実在する証拠だ。



背乗りを暴く方法として、昔、よく使われたのが病院のカルテだという。
カルテには、血液型や病歴、歯の治療歴なども載っていて、本人との比較ができるためだ。

しかし、今は、DNA鑑定がある。 
本人と背乗り犯のDNAを比べてもいいが、本人のDNAが手に入らなくとも、背乗り犯のDNA検査を行えば、日本民族なのか朝鮮民族なのかがわかってしまう。 


背乗り犯だとわかれば「本人はどこにいったのか?」という問題がでてくる。

本人を殺害して成りすましている場合もあるのだ。

尼崎事件の例を取り上げるまでもなく、成りすましている日本人は本当に危険な人物だ。

あなたの隣にいる日本人は、本当にネイティブ日本人なのか?

あなたのパートナーは?

もしかしたら、殺人犯かも知れない。






posted by Kissandtell at 09:00| 東京 ☀| Comment(1) | 朝鮮人による犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

早速ですが、「SENORI」や「せのり」ではなく、「はいのり」ではないでしょうか?
TVでそのように聞きましたし、お写真の2枚とも「ハイノリ」、「はいのり」と書いてあります。
良い内容なので、おせっかいかと思いましたがコメントさせていただきました。

これからもがんばってください。
Posted by オオマ at 2015年05月26日 18:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: