2016年08月11日

オレグ「無駄な質問だ!」

←読む前に、クリックをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 ロンドン五輪金メダリストの内村航平(27)=コナミスポーツ=が、6種目合計92・365点で44年ぶり史上4人目の連覇を達成した。内村はトップと0・901点差で迎えた最終種目の鉄棒で着地まで完ぺきな演技を見せ、大逆転勝利を飾った。2位は0・99点差でオレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)だった。

 メダリスト会見では世界大会8連覇の内村に対し、海外メディアから「あなたは審判に好かれているんじゃないですか?」という質問が飛んだ。内村は淡々と「まったくそんなことは思ってない。みなさん公平にジャッジをしてもらっている」と答えた後、この質問に怒っていたのが誰であろうベルニャエフだった。「審判も個人のフィーリングは持っているだろうが、スコアに対してはフェアで神聖なもの。航平さんはキャリアの中でいつも高い得点をとっている。それは無駄な質問だ」と言い放った。

 会見の中ではベルニャエフと、銅メダルのマックス・ウィットロック(英国)から内村への称賛が相次いだ。「大変素晴らしい。彼は皆のお手本です。今日の最後の鉄棒は言葉がない。クレイジーとしかいえない」(ウィットロック)、「航平さんを一生懸命追っているが簡単じゃない。この伝説の人間と一緒に競い合えていることが嬉しい。世界で1番クールな人間だよ」(ベルニャエフ)。
賛辞の嵐に内村は真ん中で気恥ずかしそうにしていた。


どこの記者かは書かれていないが、本当に失礼な質問をしてくるものだと呆れてしまう。
慰安婦とその仲間達、更には、ジャーナリストや学者を名乗る者達の発言を見ていると、世界にはまともな人間がいないのかと思ってしまいがちだが、今回の外国人体操選手の発言を聞くと、まだ世の中も捨てたものではないと安堵する。 

証拠もなく日本軍の名誉を汚す者達こそがおかしな連中であり、その数は極一部なのだろう。 そうでなければ、法治国家が成り立たない。 売春婦の主張やその個人に全く無関係な根拠を持ちだして有罪になどされていたら社会の秩序が崩壊してしまう。

慰安婦とその仲間達はこの体操選手を見習い、正直に今までの経緯を全部話して日本に謝罪をすべきだ。
 

クリックをよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

< 第二次大戦 名言集 >
hqdefault.jpgsmile.jpg
< Racism America & Sex Slaves >
ブレイクニー弁護人.jpeg
< FDR plans sneak attack before Pearl Harbor >
mqdeffafafdaault.jpgsfafafada.jpg


posted by Kissandtell at 16:20| シドニー | Comment(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どこの記者? 
本当に失礼!!
選手がどれだけ練習と努力を重ねて、オリンピックに出場しているかも理解できないの?
賄賂で審判を買収したり、贔屓する審判を送り込んだりするのは、韓国という国の国民です。
Posted by at 2016年08月12日 08:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: