2016年11月12日

米国とは異なる日本の不法入国者の強制送還 -親子共々強制送還-

←読む前に、クリックをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アメリカでトランプの当選に反発したクリントン支持者がヘイトスピーチを行い、その中の一部は暴徒化して略奪行為を行なっているという。 

奴らの行動は、正式なルールに則り、多数決で決められた結果を暴力で覆そうとするのだから民主主義への冒涜と言ってよいだろう。

このリベラルの偏屈で排他的な異常性は統計にも出ている。



トランプ支持者とクリントン支持者に対して「相手側の支持者を受け入れられるか?」と質問をした所、クリントン支持者の6割が「NO」と答えている。
特に、白人女性に限っては、その割合は7割にもなる。 

こんな程度の女だから、大富豪、トランプの女性遍歴の自慢話に噛み付くのだろう。 
セクハラを受けたという時にクレームを付けずに、美貌では売れなくなったおばさんになってからテレビカメラの前で涙ながらに訴える姿は慰安婦を彷彿させ笑える。
 
( そもそも、カトリックの分際でJFKのように不倫三昧に明け暮れる奴よりは、よっぽどました。 しかも、弟のロバートも同じ女と寝ている。 キモい! 更に、JFKはベトナム戦争を始めた張本人! さすが、マフィアのボスの息子だ! 逆に、トランプは、「中東、アジアのゴタゴタには関わり合いたくない」と言っている。) 

ダム・ブロンドには理解不能だろうが、トランプは、『メキシコ人を嫌いだから追い返せ』と言っているのではなく『不法入国者という犯罪者だから強制送還しろ!』と言っているのだ。

犯罪者を法律に則り強制送還することは当然であるにも関わらず、正しく法を執行しようとする者を差別主義者と呼び、その支持者を毛嫌いするなどバカすぎる。



米国同様に、日本にも強制送還されなければいけない犯罪者がいる。

日本にいる在日は、戦前、日本によって強制連行された者達ではなく李承晩による虐殺から逃れ日本に密入国した犯罪者であり、アメリカにいるメキシコ人と同類だ。 

日本人なら、自分自身の身に置き換えて不法入国者のことを考えてみれば、トランプの主張する不法入国者の強制送還が正当な主張であることが解かるだろう。

ただ、日本の不法入国者問題よりもアメリカの不法入国者問題はより複雑な要素を含んでいる。

それは、アメリカが出世血主義をとっていることが大きく関係している。

米国の法律では、例え観光客であっても、その観光客がアメリカで出産をした場合、生まれてきた子供は自動的にアメリカの市民権を得ることができる。

これは、不法入国者にも適用される。 
( 不確かだが、確か、十年位前に「不法入国者の子供には、例え、アメリカで生まれても米国籍は与えない」というような法が通ったような気がする。。。もしかしたら、法案が提出されただけだったか??)

親が不法入国者であっても子供はアメリカ国籍を持っているのだ。 そのため、親を強制送還しようとすると親子が離れ離れになってしまうことになり、不法入国者という犯罪者は、それを盾にしてアメリカに居座っている。

しかし、日本の場合はこの手を使うことはできない。 なぜなら、日本は血統主義をとっており、日本で生まれたからといって日本国籍が与えられることはないからだ。

親が不法入国者なら子供も不法滞在者であり、親子揃って強制送還にすることができる。

日本も、厳格に法を適用し、しっかりと不法滞在者は本来いるべき国へ送り返さないといけない。

クリックをよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

< 第二次大戦 名言集 >
hqdefault.jpgsmile.jpg
< Racism America & Sex Slaves >
ブレイクニー弁護人.jpeg
< FDR plans sneak attack before Pearl Harbor >
mqdeffafafdaault.jpgsfafafada.jpg
posted by Kissandtell at 16:06| シドニー ☁| Comment(0) | 日本の反撃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: