2017年01月14日

大槻教授、慰安婦=性奴隷を証明できず。 慰安婦の嘘確定!

←読む前に、クリックをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

以前、紹介した早稲田大学理工学部教授の大槻の慰安婦に関するブログに新たな進展があった。

「韓国慰安婦像に賛成しては?」 というブログを投稿以降、案の定、多数の批判を受けていた。
多くの人が、証拠を持って説明すると思っていたが、大塚は理系の学者とは思えないとんでもないコメントを発表した。

それがこの3のつコメントだ。

(1)今回韓国慰安婦への謝罪問題を書きましたら閲読者が通常の10倍以上にもなりYAHOO管理者から褒められ、ご褒美ポイントをいただけることになりました(笑)。このブログはフィルター機能が整っており、脅しや暴言の類は自動的に削除してくれます。またその他のコメントも『承認』のクリックをしなければしばらくして削除されます。
 ネット右翼を含めた駄文投稿も多数きているようですが問題にして相手に喜んでもらうほどではありません。今後も言いたいこと、叫びたいことを遠慮なくやりますのでよろしくお願いいたします。


(2)コメント投稿には原則反論も論評もしません。ほとんどの場合匿名、偽名、名無しですから論評も反論も要求していないとの判断です。
 なお、悪意ある『死ね、消えろ』『老害』などの悪罵の投稿は自動的に削除される設定です。自動的な削除でなくとも、こちらで『承認』のクリックをしなければしばらくして削除されます。
 すでに上のようなことは何度も説明したとうりです。
                   大槻義彦
 なお上のような削除は『言論弾圧だ』という抗議がありましたが笑止千万です。言論弾圧は権力が行うもので一市民の私が出来ることではありません。名前のない、名前も住所もない人が勝手に手紙を送りつけてきた場合開封もせずに破いてしまって何が悪いですか?


(3)本ブログへの匿名での悪罵、おどし、けなしなどは一切受け付けません。とくにひどいのは『死ね、消えろ』の類でした。ネット右翼の凄さとバカらしさを感じます。もちろん即刻削除しました。とくに悪質なのは『永久拒否設定』をしました。またそれほどひどくなくとも本ブログの本旨に背くものは部分的に削除しました。このブログは私個人のものであくまで私の思想信条、哲学、世界観を主張するものですからそれにそぐわない、議論、反論すらできない、その価値もないと思ったものは削除の対象です。ご了承ください。


理系の教授が「ネット右翼」という言葉を使うとはまったく予想していなかったので本当にびっくりした。

更に大槻は、自身のブログに『死ね、消えろ』の類のコメントが寄せられたと強調し、それらを削除したと書くことで削除を正当化している。 しかし、実際はそうではない。
下記のような自身の主張の誤りを指摘する彼にとって都合の悪いコメントも削除している。

ハーバード大学のアジアセンター主催で行われてた「国際学術会議」でのJ.クロフォード教授(ケンブリッジ大学、専門:国際法)の発言

自分で生きていけない国について周辺の国が国際秩序の観点からその国を取り込むということは当時よくあったことであって、日韓併合条約は国際法上は無法ではなかった。 また、『強制されたから不法』という議論は、第一次大戦(1914〜18年)以降のものなので、当時としては問題になるものではない」 (産経新聞 2001年11月27日)  


このJ.クロフォード教授のコメントを削除したのは、大槻自身が主張する「私には韓国人が日本植民地帝国から受けた人権、人格否定への恨みの凄さに息を飲みます。われわれはただひたすら謝罪すべきです。無条件の、心の底からの謝罪が必要なのです。」というマヌケな発言の否定になるからだろう。 それとも、J.クロフォード教授のこともネット右翼と呼ぶのだろうか?

つまるところ、大槻は、自分への反証になるコメントも削除しているのであって、意味のない誹謗中傷の類のコメントを削除しているという表現は自分の行為を正当化するための口実に過ぎない。

彼は、「慰安婦=性奴隷」という嘘を誤魔化すために更なる嘘をついているのだ。


話はちょっと脱線するが、彼は、近々、相対性理論の講演を無料で行うという。
相対性理論の説明を一般の素人にできる者が、どうして、相対性理論に比べたら取るに足らない「慰安婦=性奴隷」という自身の主張の証明を公開することができないのか?

できな理由は、ただ一つ。
最初の「慰安婦=性奴隷」という主張が間違っているからだ。

理系の人間が、更に言えは、理系の学者が自分の意見に対する反論に理論的に答えられない理由は、自身の主張が間違っている以外にはありえない。

将棋やチェスで言えば、これ以上指し手がない「もう、詰んでいる」状態にあるということだ。


もう一度言う。

相対性理論を証明できる早稲田大学理工学部の教授が「慰安婦=性奴隷」を説明することができない。それはすなわち、「慰安婦=性奴隷」という主張が誤りであるということだ。


大槻といえばUFOの存在の有無で韮山とやりあっていたことを思い出す人も多いだろう。





と言う韮山に対して大槻はこう答えていた。



しかし、今、大槻こう言われる立場になった。




ただ腑に落ちないことがある。

早稲田大学の理工学部の教授に上り詰めるには相当の努力をしただろうに、その苦労して手に入れた自分の権威を汚してまで、なぜ、大槻は、嘘をつく必要があったのだろうか? 

自分の身内に朝鮮慰安婦がいてその汚名を晴らしたかったのだろうか?

だとしても、書けば突っ込まれて撃沈する法螺話をわざわざ書く必要もないし、そもそも、黙っていれば誰にも知れることはないだろに。

誰かに脅されているのだろうか?

この法螺話を書くことによって失う名誉よりももっと恥ずかしいことを大槻はしてしまったのかも知れない。 
そして、その件をネタに脅され、仕方なく書いた。

書いたはいいが、その根拠を求められ、根拠などあるはずもなく、削除!削除!を繰り返した。

理系の人間として、反論できずに削除することは、相当な屈辱であり、自尊心も大きく傷ついたことだろう。

だから3度にもわたって削除する理由が誹謗中傷であると書いたに違いない。
ある意味、「反論から逃げたのではない。意味のない誹謗中傷だから削除してもよいのだ。」と自分に言いきかせるためであったのかもしれない。

理由は何にせよ、大槻は、まったく哀れな男に成り下がってしまった

それとは逆に、我々、ネイティブ日本人にっては、元々論理的な証明能力に欠けた文系の者ではなく、早稲田大学理工学部の教授が「慰安婦=性奴隷」を論証できなかったという事実が世に知れ渡ったということは大収穫であった。

これで、『慰安婦=性奴隷は嘘』ということが確定した。

ありがとう! 大槻!



クリックをよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

< 第二次大戦 名言集 >
hqdefault.jpgsmile.jpg
< Racism America & Sex Slaves >
ブレイクニー弁護人.jpeg
< FDR plans sneak attack before Pearl Harbor >
mqdeffafafdaault.jpgsfafafada.jpg


posted by Kissandtell at 16:30| シドニー | Comment(1) | 朝鮮娼婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
韮山ではなく韮澤では・・・
Posted by at 2018年03月23日 14:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: