2017年02月25日

日本政府、米国に対して「慰安婦問題に口を出すな!」と恫喝!

←読む前に、クリックをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ようやく日本政府が慰安婦像の撤去に向けて動き出したようだ。
トランプが大統領になったことと、多分、サンフランシスコの連邦裁判所での慰安婦の敗訴が弾みになっているのだろう。 

米カリフォルニア州グレンデール市に設置された慰安婦像の撤去をめぐり、地元の日本人たちが米連邦最高裁での上告審を求めていることについて、日本政府が「請求は認められるべきだ」との見解を表明した意見書を連邦最高裁に提出したことが24日、分かった。

 日本政府が連邦最高裁に第三者意見書を提出することは異例。米国内で相次ぐ慰安婦像・碑の設置に関し、日本政府の意見表明の機会になると判断したようだ。

 像の撤去を求めているのは、現地在住の目良浩一氏と日系住民らで作るNPO法人「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」。

 地方自治体であるグレンデール市が慰安婦像設置を通じて外交問題に関して立場を表明することは、外交における全権を連邦政府に付与した米国憲法に違反するとして、2014年2月、連邦地方裁判所に像撤去を要求する訴訟を起こしたが、地裁と高等裁判所で敗訴。今年1月に最高裁に請願書を提出している。

 日本政府の意見書は今月22日付で連邦最高裁に提出された。意見書では、慰安婦問題など歴史的な問題への米国の対応は「日本との国家間交渉による確立した外交方針」によって一貫していると指摘。その上で「グレンデール市の慰安婦像は確立した外交方針への妨害であり、逸脱である」と主張した。

 また、慰安婦像脇の碑文に「20万人の女性が強制的に連行され、性奴隷となることを強制した」などの事実と異なる文言が記されていることに関しても言及。州や地方自治体に外交分野における表現の自由を認めれば「米国と日本のような近しい同盟国(の関係)に害を及ぼす危険をはらむ」と指摘した。

 さらに「慰安婦問題は日韓間の敏感な問題であり、米国の矛盾する判断によって混乱が生じかねない」とも訴えた。


【意見書では、慰安婦問題など歴史的な問題への米国の対応は「日本との国家間交渉による確立した外交方針」によって一貫していると指摘。その上で「グレンデール市の慰安婦像は確立した外交方針への妨害であり、逸脱である」】
この部分の意味がよく理解できない。 グレンデール市は、なにも外交の妨害をする目的で建てたのではないだろうし、あんなものが外交の妨げになるとも思えない。

【「20万人の女性が強制的に連行され、性奴隷となることを強制した」などの事実と異なる文言が記されていることに関しても言及】としたことは大収穫だ。

これで、今後、NYTやCNNがセックス・スレイブと表記した場合には抗議ができる。

サンフランシスコの裁判所でも慰安婦は負け、日本政府も否定しているのだから、セックススレイブは使えない! 

更に、今回、日本政府の凄いところは、【「米国と日本のような近しい同盟国(の関係)に害を及ぼす危険をはらむ」】「日米関係に綻びが出てもいいのか?」と脅し【「慰安婦問題は日韓間の敏感な問題であり、米国の矛盾する判断によって混乱が生じかねない」】「部外者は引っ込んでいろ!」恫喝したことだ!

アメリカにさえこれだけのことを言うのだから、韓国になどもっと凄い恫喝があることは間違いない!
次の韓国の大統領は、今までとは勝手が違うことに驚くことだろう。

朝鮮は70年ぶりに日本のポチになるに違いない。 

クリックをよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

< 第二次大戦 名言集 >
hqdefault.jpgsmile.jpg
< Racism America & Sex Slaves >
ブレイクニー弁護人.jpeg
< FDR plans sneak attack before Pearl Harbor >
mqdeffafafdaault.jpgsfafafada.jpg


ラベル:Fight for Justice
posted by Kissandtell at 18:17| シドニー ☔| Comment(0) | 朝鮮娼婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: