2017年04月04日

北を叩く戦争に日本も参加し、戦勝国となるべき

←読む前に、クリックをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

トランプ大統領「米国、単独でも北朝鮮に対処」という見出しの記事が出いた。

本当に、そうなら大変喜ばしいことだ。

「まだ、北朝鮮の技術は劣っていて、脅威ではない」と日本の関係者のみならず、米国の評論家までもがそう述べていた。

脅威が大きくなった時に対処したなら米兵の被害は大きくなるわけで、弱いうちに叩かなければ意味がない。  

大統領がトランプ大統領に変わり、ようやく、悪の枢軸を叩く姿勢を示してきた。  遅きに失した感があるが、叩かないまま、北朝鮮の軍事力の向上を指を加えてみているよりはマシだ。

ここで北朝鮮を叩けば、もう、韓国はいらない。 なぜなら、アメリカが勝ち、今度は北朝鮮が米中戦争時の戦場になるからだ。 日清戦争の際の主戦場が朝鮮半島だったように。

ケビンマイヤーをはじめ、アメリカの軍事情勢に詳しい者達が韓国を重要視する発言を繰り返していたのは、韓国軍の軍事力が必要だからではない。

朝鮮戦争時に、しっぽを巻いて逃げていった南朝鮮兵士!

敵前逃亡だけではなく、逃げる際に米国の最新兵器を放棄して逃げ出した為に、その兵器が中国軍へ渡り、それが原因で、多くの米兵の命が無駄に失われる結果となってしまった。

こんな馬鹿なチキン野郎と一緒に戦おうなどと考える軍隊は、世界中探しても、どこにもいない。

それでもなお、「韓国は重要な同盟国だ」と日米両国政府が口を揃えて言うのは、自国を戦場にしたくないからに他ならない。  

大量兵器を開発する能力もなく、兵士も役立たずの腰抜け! こんな国を日米が本気で同盟国だなどと思うわけない。

今回のトランプ大統領の作戦に日本も積極的に参加すべきであり、この戦いに勝てば、たった一度の敗戦をネタに日本を貶める国内の一部のバカ共や慰安婦の証拠のない法螺しか出てこないあの汚い口を永遠に塞ぐことができる。 そういった意味でも、今度の戦争は日本にとって重要であり、絶対に参戦しなければいけない。

クリックをよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





< 慰安婦は単なる娼婦だったという証拠 >
idfadfandex.jpeg
< 東京裁判という名の茶番劇 >
fssfs.jpegブレイクニー弁護人.jpeg
< 第二次大戦 名言集 >
hqdefault.jpgsmile.jpg
< FDR plans sneak attack before Pearl Harbor >
mqdeffafafdaault.jpgsfafafada.jpg
posted by Kissandtell at 22:59| シドニー ☔| Comment(0) | 日本の反撃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: