2017年07月04日

元衆議院議員来豪とユキちゃん(3)言論弾圧 そして切り捨てられた『人』

←読む前に、クリックをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

>(1) 配布する資料を私が作成している間に、私の知人のある一人が、会場を管理運営するベイサイド市役所に連絡し、講演者がどんな人物で、どんな内容の講演をするか承知の上で会場使用許可を出したのかと問い合わせ、あわせて杉田なる人物に関する情報を提供しました。

>(2) すでに説明したように、ベイサイド市役所に連絡した人は、誰にも相談せずに個人でやった人で、私自身も後で聞くまで知りませんでした。右翼であろうと左翼であろうと、誰であろうと、言論思想の自由を侵されてはならないことは言うまでもありません。


この2つの文章はユキちゃんが同じ日に書いたブログの中から引用したものだが、このブログからユキちゃんが『慰安婦の嘘を暴く講演の開催を妨害することは言論弾圧に当たる』という認識を持っていたことがわかる。 

最初の文(1)では、『知人』が市役所へ抗議の連絡をとったことを誇らしげに述べているが、その後に書かれた文(2)では「誰にも相談せずに個人でやった『人』」と、「自分は『人』があんな行為を行うとは思っていなかった」、「『人』が勝手にやったことだから自分には関係ない」と自分に責任が及ばないように表現を微妙に変えている。
ユキちゃんも少しは世間並みの常識というものを持っているということだろうか。。。。。

言論の自由は自由主義の根幹であり、他人の言論を封殺しようなどという行為は断じて許されない。 もし、そのような者がいるとしたら、それは自由主義国家への攻撃でありテロだ!
そのような反自由主義者はオーストラリアに住む資格はなく、言論統制が平然と行われている中国や朝鮮へ行き同じ価値観を持った者達と暮らすべきなのだ!



言論弾圧を行った『人』とユキちゃんは、実は、互いに周知の中で、オーストラリアで原爆を餌に反日活動を行っている仲間だ。 

仲間であるにも関わらず、ユキちゃんは、ブログを書いている途中で自身が言論弾圧を肯定していると取られかねないと気付き、「知人」を面識がないように感じられる「人」へと書き換え他人を装ったのだ。

親分が「子分が勝手にやったこと!」と言って、子分に罪を押し付けるヤクザと、あるいは、「秘書が勝手にやったこと」と言って、秘書に首をつらて自身の責任逃れをしていた一昔前の政治家にそっくりではないか。

おかげで、市役所へ連絡をした『人』」は、今や、言論弾圧を行った自由主義国家の敵! 

そして、ユキちゃんは知らんぷり。

『人』は、ユキちゃんの「講演会をやることを、黙って見過ごしては絶対にならない」という意思を忖度して、または、ユキちゃんと相談をして市役所に圧力をかけるという犯行に及んだのに、途中でハシゴを外され、トカゲのしっぽきりのように切り捨てられてしまったのだから哀れといえば哀れだ。

『人』よ! 

お前は利用されているだけだ!  

それに気づいて、少しは怒ったらどうだ?

本来なら、お前はユキちゃんの恩人だ。

お前のせいで、田中は会場に行けなかったという口実ができたのだから、本当ならユキちゃんはお前に感謝をしなければいけない。
もし、出席してたら、ユキちゃんは確実にネイティブ日本人によって論破され、更に、せっかく『西日本の反日の巣窟』と言われている神戸と肩を並べるくらい酷い広島から取り寄せたパンフレットは破り捨てられゴミ箱行きになったからだ。

その恩を忘れ、言論弾圧の罪をお前一人に着せて自分は知らぬ存ぜぬ。 

ひどいやつだな! 

そう思うだろう?

朝鮮半島の発展に貢献した日本に対して恩を感じるどころか歯向かってくる朝鮮人のようだろう。

そう思わないか?

シスコ連邦地裁の裁判官「慰安婦、証拠を出せ!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/440987939.html



クリックをよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



< 慰安婦は単なる娼婦だったという証拠 >
idfadfandex.jpeg
idfadfandex.jpeg
idfadfandex.jpeg
< 東京裁判という名の茶番劇 >
fssfs.jpegブレイクニー弁護人.jpeg
< 第二次大戦 名言集 >
hqdefault.jpgsmile.jpg
< FDR plans sneak attack before Pearl Harbor >
mqdeffafafdaault.jpgsfafafada.jpg




posted by Kissandtell at 22:25| シドニー | Comment(0) | 朝鮮娼婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: