2018年03月07日

ネタバレした古い手品を自慢げに行っている姿が痛々しい朝日!

←読む前に、クリックをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


indsSDDSex.png


朝日新聞が「公文書に改ざんを確認した!だから、内閣総辞職だ!」「文章を出せ」と息巻いている。

朝日は「確認した」というなら、さっさとその文章を出せばいい。

これでは
 「軍による強制連行はあったに違いない」
       ↓
 「政府は軍が強制連行を命じた書類を出せ」

とほざいていた中央大学の教授と同じではないか。 

(朝鮮戦争時に韓国政府が米軍用の売春婦を十分確保できたことから分かるように朝鮮には有り余るほどの娼婦がいたわけで、強制連行を命じる命令を出す必要はなく、よって強制連行を命じた書類など存在しなかった。)

朝日の手口は今も昔も変わらず、論理性にかけ、間が抜けている。

こんなこと↓は通用しない!



今回も「あったらいいな」という反日分子の願望だけで大騒ぎをして、存在しない書類を「出せ!出せ!」と騒いでいるとしたら馬鹿丸出した!



そもそも改ざんの指示を政治家が出したなら政治家の責任も問われて当然だが、公務員が勝手に行った犯罪の責任を政治家が取るわけがない。
公務員が勝手にやった書類で内閣を潰すことができるとしたら、官僚が部下に文章の改ざんをさせればればよいことになってしまう。

総理大臣をはじめ担当大臣が行うことは犯罪を起こした公務員を処分することだ。 

長妻昭が厚生労働大臣時代、部下が行った改ざんが問題になったが長妻は辞任などせず、部下を処分しただけだ。 

長妻大臣閣議後記者会見概要
(H22.6.29(火) 10:20 〜 10:48 省内会見室)
http://www.mhlw.go.jp/stf/kaiken/daijin/2r98520000007eq3.html

2番目と致しましては、これも皆様方から御指摘をいただきました東北厚生局職員の情報公開文書の改ざん問題でございます。調査を致しました結果、新たに判明した事実もございました。別の開示文書につきましても内容が前回と異なる文書を差し替えていたということも判明を致しました。マスコミで指摘をいただいた削除されたもの、そして今回新たにわかった異なる文書の差し替え、この両方については共に同じ職員でございます。この職員は現在、独立行政法人国立病院機構に勤務しております。ここは非公務員型ではございませんので、懲戒処分をするということに致しました。減給でございます。そして管理職も監督責任ということで合計3名いますが、1人は退職しておりますので、訓告が1名、文書厳重注意が1名ということに致しました。詳細については担当部局から説明をしたいと思います。いずれにしましても、民主主義の根幹である情報公開制度の中であってはならないことが起こったということでお詫びを申し上げます。二度とこういうことが起こらないように厳重に再発防止に努めて参りたいと考えております。



立民も朝日に負けず劣らず馬鹿丸出しで、自分が行ったことを忘れてしまったのだろうか?

立民は韓国政府の生き写しそのものだ!

韓国政府は自らも朝鮮戦争時に慰安婦を使い、しかも、慰安所の収益の一部をピンはねするというピンプのようなことをしていたにも関わらず、自分は何もしていないかのような顔をして日本政府を責めている。

普通の日本人ならこんなことは恥ずかしくてできない!

朝日新聞の記者、立民の議員は朝鮮人で間違いない!!



これに関連して、麻生財務大臣が「全省の文章の調査をする」と発表した。

文章の改ざんはモリカケにかかわった省だけではなく、日常的に全省で行われているだろうことだから、仮に、近畿財務局や財務省の書類が改ざんされていたとしても「政治家の関与の有無にかかわらず、よくあることであって、モリカケに関する書類もその中の1つに過ぎない。 よって改ざんされた書類が出てきたからといって、それが政治家の関与を示すことにはならない。」と論理立て国民に説明ができる。 



そもそも総理や昭江夫人が改ざんの指示を出す動機などなく、その証拠もない。 よって、改ざんがあっても、その改ざんした職員が罰せれらるだけで総理には何の影響もない!

朝日の記者の頭の中では安部内閣総辞職への絵が描けているのだろうがが、既に慰安婦問題で免疫ができた日本人にその絵はまったく通じておらず、国民の反応は冷ややかで、騒いでいるのはテレビのワイドショーに出てくる朝鮮人たちだけだ。

朝日新聞はそんなことにも気づかずに、かつて国民を丸め込むことに成功した古い手を使い、再び日本人を騙そうと企ててる。

その姿はネタバレしている古い手品を自慢げにしている年老いたマジシャンのようでなんとも痛々しい。

朝日新聞は国民の冷ややかな目に気づき、さっさと報道という舞台から降りるべきだろう。

sdfafa.jpeg

21391174590_a049d7d5e0_b.jpg

日韓関係の行方は朝鮮人が李のような態度を取れるかどうかにかかっている
http://blogscomau.seesaa.net/article/456990991.html


「頭の弱いシスコ在住日本人-慰安婦像は冤罪を生む構造を理解する教訓であり、人権問題の象徴ではない-」
http://blogscomau.seesaa.net/article/455148093.html


「豪州軍による戦争犯罪-日本兵の虐殺 そして、マヌケな日本語教師」
http://blogscomau.seesaa.net/article/445231581.html


「日本人の性犯罪率は、やはり、極めて少ない。」
http://blogscomau.seesaa.net/article/423875718.html


「シスコ連邦地裁の裁判官「慰安婦、証拠を出せ!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/440987939.html


「原告が多大な苦痛を味わったという点は認められるが、裁判所は原告らが主張を裏付ける資料を提出するよう、数回にわたり機会を与えたにもかかわらず、資料を提出しなかった。裁判所はこれ以上、原告の主張について議論できない状況となった。」原告側の弁護士に対する叱責(しっせき)のように感じられる内容だった。


「慰安婦性奴隷説の吉見 義明 敗訴!逆提訴してゾンビに十字架を刺せ!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/451806267.html


「進駐軍も「慰安所設置要請」千葉で公文書発見、これで米国もアウトだ!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/432595687.html


「Sex and the American G.I. in World War II France
http://blogscomau.seesaa.net/article/418946445.html


「日本軍再軍備の切っ掛けは『赤&朝』の検挙」
http://blogscomau.seesaa.net/article/434499771.html


「真の奴隷解放者の日本と偽善者のリンカーン」
http://blogscomau.seesaa.net/article/438733941.html


「大槻教授、慰安婦=性奴隷を証明できず。 慰安婦の嘘確定!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/445914670.html


「リンチによって葬られた『慰安婦のウソ』を暴く声」
http://blogscomau.seesaa.net/article/443123751.html


「安秉直ソウル大学教授『従軍慰安婦ではなく単に売春婦だった』」
http://blogscomau.seesaa.net/article/443095858.html


「世界中で、出自を必死になって隠そうとするのは在日朝鮮人だけ!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/451837830.html


メル大の学生に告ぐ-朝鮮人の嘘も見抜けないようではお前に未来はない-創氏改名
http://blogscomau.seesaa.net/article/443168304.html


P・F・ドラッカー「第二次世界大戦において、本当に勝ったのは日本である」く
http://blogscomau.seesaa.net/article/438133685.html



国家感のないリーダーが企業の破滅を招く
http://blogscomau.seesaa.net/article/419782020.html


クリックをよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

< 慰安婦は単なる娼婦だったという証拠 >
idfadfandex.jpeg
idfadfandex.jpeg
idfadfandex.jpeg
< RANDOMYOKO2 >
hqdefault.jpg
hqdefault.jpgsmile.jpg
< 東京裁判という名の茶番劇 >
fssfs.jpegブレイクニー弁護人.jpeg
< 第二次大戦 名言集 >
hqdefault.jpgsmile.jpg
< FDR plans sneak attack before Pearl Harbor >
mqdeffafafdaault.jpgsfafafada.jpg
ラベル:朝日新聞
posted by Kissandtell at 16:04| シドニー ☀| Comment(5) | 反日活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

豪州在住のモジ子とモジ太郎!もう、モジモジしなくていいぞ!反撃開始だ!

←読む前に、クリックをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





日本を非難することがインテリだという間抜けな時代は終わり、今は、そんな奴はただの馬鹿。



そして、洗脳者の化けの皮が剥がれ、その連中は、今、排除の対象になっている。



創業社長は痩せても枯れても本物ですが、時々とんでもない悪がいたりしますので、この点は注意が必要です。純粋な日本人でない人も結構います。

本物、偽物、似非ものを語るとき在日の問題は避けて通れません。
この場合の在日は広義の意味の在日です。いわゆる三、四代前までに先祖が日本にやってきた帰化人のことです。

そういう意味では、いま日本に驚くほどの数の在日が住んでいます。
同じ在日でも日本人になりきって日本のために頑張っている人は何の問題もありません。立派な人たちです。問題なのは日本人として帰化しているのに日本の悪口ばっかり言っていたり、徒党を組んで在日集団を作ろうとしている輩です。いわゆる、似非日本人、なんちゃって日本人です。

政界(特に民主党)、マスコミ(特に朝日新聞、NHK、TBS)、法曹界(裁判官、弁護士、特に東大出身)、官僚(ほとんど東大出身)、芸能界、スポーツ界には特に多いようです。芸能界やスポーツ界は在日だらけになっていてもさして問題ではありません。影響力はほとんどないからです。

問題は政界、官僚、マスコミ、法曹界です。
国民の生活に深刻な影響を与えます。私どもの会社も大企業の一員として多岐にわたる活動から法廷闘争になるときが多々ありますが、裁判官が在日、被告側も在日の時は、提訴したこちら側が 100%の敗訴になります。裁判を始める前から結果がわかっているのです。似非日本人はいりません。母国に帰っていただきましょう。

平成28年2月12日 
株式会社ディーエイチシー
代表取締役会長・CEO 吉田嘉明


反日分子の排除の論理はマーケットの中でも機能している。

国内をマーケットにしている会社の在日に対する在日の扱い方は完全に”叩き”にシフトした。
もう、だれも在日の顔色など伺わない!
在日の悪行が暴かれ、ネイティブ日本人から敵視さえされ始めている今、圧倒的に多いネイティブ日本人ウケする発言をすることは経営者として当然だろう。  

間違ってはいけないのは、それが金のために嘘をつき正義を踏みにじっているのではなく、法螺を吹き国家を貶めている者を叩いているのだ。 だから、やっている本人も清々しく、国家の危機を救うヒーロー的な誇らしい気分であろう。 それでいて、売り上げが上がるのだからやらない馬鹿はいない。

悪を叩いて売り上げアップ!!

これは、豪州でも同じこと!

朝鮮人に「日本は戦犯国家だ! 日の丸を下ろせ! 」と言われてモジモジしいたオーストラリア在住のモジ子モジ太郎 もうモジモジしなくていいぞ! 本国ではもう反撃体制が出来上がっている。

堂々と「朝鮮人、嘘をつくな! 我々の先人を馬鹿にするのはやめろ!このキムチ野朗!」と言ってなんら問題はない!! 


21391174590_a049d7d5e0_b.jpg

日韓関係の行方は朝鮮人が李のような態度を取れるかどうかにかかっている
http://blogscomau.seesaa.net/article/456990991.html


「頭の弱いシスコ在住日本人-慰安婦像は冤罪を生む構造を理解する教訓であり、人権問題の象徴ではない-」
http://blogscomau.seesaa.net/article/455148093.html


「豪州軍による戦争犯罪-日本兵の虐殺 そして、マヌケな日本語教師」
http://blogscomau.seesaa.net/article/445231581.html


「日本人の性犯罪率は、やはり、極めて少ない。」
http://blogscomau.seesaa.net/article/423875718.html


「シスコ連邦地裁の裁判官「慰安婦、証拠を出せ!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/440987939.html


「原告が多大な苦痛を味わったという点は認められるが、裁判所は原告らが主張を裏付ける資料を提出するよう、数回にわたり機会を与えたにもかかわらず、資料を提出しなかった。裁判所はこれ以上、原告の主張について議論できない状況となった。」原告側の弁護士に対する叱責(しっせき)のように感じられる内容だった。


「慰安婦性奴隷説の吉見 義明 敗訴!逆提訴してゾンビに十字架を刺せ!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/451806267.html


「進駐軍も「慰安所設置要請」千葉で公文書発見、これで米国もアウトだ!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/432595687.html


「Sex and the American G.I. in World War II France
http://blogscomau.seesaa.net/article/418946445.html


「日本軍再軍備の切っ掛けは『赤&朝』の検挙」
http://blogscomau.seesaa.net/article/434499771.html


「真の奴隷解放者の日本と偽善者のリンカーン」
http://blogscomau.seesaa.net/article/438733941.html


「大槻教授、慰安婦=性奴隷を証明できず。 慰安婦の嘘確定!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/445914670.html


「リンチによって葬られた『慰安婦のウソ』を暴く声」
http://blogscomau.seesaa.net/article/443123751.html


「安秉直ソウル大学教授『従軍慰安婦ではなく単に売春婦だった』」
http://blogscomau.seesaa.net/article/443095858.html


「世界中で、出自を必死になって隠そうとするのは在日朝鮮人だけ!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/451837830.html


メル大の学生に告ぐ-朝鮮人の嘘も見抜けないようではお前に未来はない-創氏改名
http://blogscomau.seesaa.net/article/443168304.html


P・F・ドラッカー「第二次世界大戦において、本当に勝ったのは日本である」く
http://blogscomau.seesaa.net/article/438133685.html



クリックをよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

< 慰安婦は単なる娼婦だったという証拠 >
idfadfandex.jpeg
idfadfandex.jpeg
idfadfandex.jpeg
< RANDOMYOKO2 >
hqdefault.jpg
hqdefault.jpgsmile.jpg
< 東京裁判という名の茶番劇 >
fssfs.jpegブレイクニー弁護人.jpeg
< 第二次大戦 名言集 >
hqdefault.jpgsmile.jpg
< FDR plans sneak attack before Pearl Harbor >
mqdeffafafdaault.jpgsfafafada.jpg
posted by Kissandtell at 10:56| シドニー ☁| Comment(0) | 日本の反撃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

外務大臣政務官演説 -朝日の捏造記事の被害者は読者ではなく日本軍人だ-

←読む前に、クリックをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





堀井学外務大臣政務官は、ジェネーブでの演説の中で、朝日新聞の捏造に関して言及し、「読者に謝罪をした」と述べている。

しかし、朝日新聞が謝罪しなければいけないのは、読者ではなく、馬鹿新聞の捏造記事によって名誉を汚された被害者本人、つまり、日本軍人であることを忘れてはいけない。

捏造記事の被害者は、読者ではなく日本軍人だ。

日航機墜落事故を起こした日本航空は事故現場への登山道を整備し、毎年、供養と謝罪の登山を行っている。

朝日新聞、そして、韓国政府も靖国神社への謝罪参拝を、毎年、行わなければいけないし、靖国神社の整備に金を出さなければいけない。



第37回人権理事会ハイレベルセグメント
堀井学外務大臣政務官によるステートメント


 韓国の代表が言及した慰安婦問題については,日本政府は長きに亘って真摯に対応してきましたが,2015年12月には,日韓両政府による多大な外交努力の末,慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的」な解決を確認するとともに,国連等国際社会において互いに非難・批判することを控えることとしました。

合意を受け,韓国政府が設立した財団には,日本政府から10億円を拠出し,実際に元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復,心の癒やしのための事業が実施されてきました。合意時点で生存していた元慰安婦の方々47名のうち,7割以上の方々がこうした事業を受け入れるなど,多くの韓国人元慰安婦の方々も合意を評価しています。

日韓合意は,国と国との約束であり,たとえ政権が代わったとしても責任をもって実施されなければならないことは国際的かつ普遍的原則です。日本側は,合意で約束したことを全て誠実に実行しており,合意が着実に履行されることが重要です。

 なお,先週,女子差別撤廃委員会において,韓国代表団が「性奴隷」との言葉を使用しました。「性奴隷」という言葉は事実に反するので使用すべきではないというのが日本側の考えであり,この点は日韓合意の際に韓国側とも確認していたものです。

 これに関連して,日本政府は,日韓間で慰安婦問題が政治・外交問題化した1990年代初頭以降,慰安婦問題に関する本格的な事実調査を行いましたが,得られた資料の中には,軍や官憲によるいわゆる「強制連行」を確認できるものはありませんでした。

「慰安婦が強制連行された」という見方は,1983年,「私の戦争犯罪」という本の中で,故人になった吉田清治氏が,「日本軍の命令で,韓国の済州島において,大勢の女性狩りをした」という虚偽の事実を捏造して発表し,当時,日本の大手新聞社の一つにより,事実であるかのように大きく報道されたことにより,国際社会にも広く流布されました。

しかし,これは,後に,完全に想像の産物であったことが証明されています。この大手新聞社自身も,後に,事実関係の誤りを認め,正式にこの点につき読者に謝罪しています。


80707a51.jpg

Statement by Mr. Manabu Horii, Parliamentary Vice-Minister for Foreign Affairs of Japan, at the High-Level Segment of the 37th Session of the Human Rights Council

On the comfort women issue, which the head of the Republic of Korea (ROK) delegation mentioned yesterday in her statement addressing this Human Rights Council session, the Government of Japan has been sincerely dealt with this issue for a long period of time. On top of it, as a result of considerable diplomatic efforts, the Japan-ROK agreement of December 2015 confirmed that the comfort women issue is resolved “finally and irreversibly,” and that Japan and the ROK will mutually refrain from accusing or criticizing each other regarding this issue in the international community. In accordance with the agreement, the Government of Japan contributed 1 billion yen to the Reconciliation and Healing Foundation, which was established by the Government of the ROK based on the agreement, and projects have actually been carried out for recovering the honor and dignity and healing the psychological wounds of former comfort women. Furthermore, the agreement has been appreciated by many former comfort women in the ROK: more than 70% of the 47 former comfort women who were alive at the time of the conclusion of the agreement have received support provided by the foundation. The Japan-ROK agreement is an agreement between two countries, and it is an international and universal principle that an agreement must be implemented responsibly regardless of the change of government. Japan has been sincerely implementing all the commitments made in the agreement, and it is important that the agreement is steadily implemented.
Furthermore, at the consideration of the ROK during the 69th session of the Committee on the Elimination of Discrimination against Women held on February 22, the ROK delegation used the expression “sex slaves.” Japan is of the view that the expression “sex slaves” contradicts the facts and should not be used, and Japan confirmed this point with the ROK at the Japan-ROK agreement.
In this regard, the Government of Japan conducted a full-scale fact-finding study on the comfort women issue in the early 1990s, when the issue started to be taken up as a political and diplomatic issue between Japan and the ROK. However, “forceful taking away” of comfort women by the military and government authorities could not be confirmed in any of the documents in this study.
The view that comfort women were “forcefully taken away” is a fabricated story by the late Seiji Yoshida in his book entitled “My War Crime” published in 1983. In this book, Yoshida illustrates himself “hunting many women by order of the Japanese military in Jeju Island of the ROK”. At the time, the content of his book was widely reported to the international community as if it had been a true story by a major Japanese newspaper. However, Yoshida’s story has later been proven to be entirely a product of imagination. In fact, the major newspaper company later admitted having published erroneous articles, and officially apologized for it to their readers.




21391174590_a049d7d5e0_b.jpg

日韓関係の行方は朝鮮人が李のような態度を取れるかどうかにかかっている
http://blogscomau.seesaa.net/article/456990991.html


「頭の弱いシスコ在住日本人-慰安婦像は冤罪を生む構造を理解する教訓であり、人権問題の象徴ではない-」
http://blogscomau.seesaa.net/article/455148093.html


「豪州軍による戦争犯罪-日本兵の虐殺 そして、マヌケな日本語教師」
http://blogscomau.seesaa.net/article/445231581.html


「日本人の性犯罪率は、やはり、極めて少ない。」
http://blogscomau.seesaa.net/article/423875718.html


「シスコ連邦地裁の裁判官「慰安婦、証拠を出せ!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/440987939.html


「原告が多大な苦痛を味わったという点は認められるが、裁判所は原告らが主張を裏付ける資料を提出するよう、数回にわたり機会を与えたにもかかわらず、資料を提出しなかった。裁判所はこれ以上、原告の主張について議論できない状況となった。」原告側の弁護士に対する叱責(しっせき)のように感じられる内容だった。


「慰安婦性奴隷説の吉見 義明 敗訴!逆提訴してゾンビに十字架を刺せ!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/451806267.html


「進駐軍も「慰安所設置要請」千葉で公文書発見、これで米国もアウトだ!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/432595687.html


「Sex and the American G.I. in World War II France
http://blogscomau.seesaa.net/article/418946445.html


「日本軍再軍備の切っ掛けは『赤&朝』の検挙」
http://blogscomau.seesaa.net/article/434499771.html


「真の奴隷解放者の日本と偽善者のリンカーン」
http://blogscomau.seesaa.net/article/438733941.html


「大槻教授、慰安婦=性奴隷を証明できず。 慰安婦の嘘確定!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/445914670.html


「リンチによって葬られた『慰安婦のウソ』を暴く声」
http://blogscomau.seesaa.net/article/443123751.html


「安秉直ソウル大学教授『従軍慰安婦ではなく単に売春婦だった』」
http://blogscomau.seesaa.net/article/443095858.html


「世界中で、出自を必死になって隠そうとするのは在日朝鮮人だけ!」
http://blogscomau.seesaa.net/article/451837830.html


メル大の学生に告ぐ-朝鮮人の嘘も見抜けないようではお前に未来はない-創氏改名
http://blogscomau.seesaa.net/article/443168304.html


P・F・ドラッカー「第二次世界大戦において、本当に勝ったのは日本である」く
http://blogscomau.seesaa.net/article/438133685.html



国家感のないリーダーが企業の破滅を招く
http://blogscomau.seesaa.net/article/419782020.html


クリックをよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

< 慰安婦は単なる娼婦だったという証拠 >
idfadfandex.jpeg
idfadfandex.jpeg
idfadfandex.jpeg
< RANDOMYOKO2 >
hqdefault.jpg
hqdefault.jpgsmile.jpg
< 東京裁判という名の茶番劇 >
fssfs.jpegブレイクニー弁護人.jpeg
< 第二次大戦 名言集 >
hqdefault.jpgsmile.jpg
< FDR plans sneak attack before Pearl Harbor >
mqdeffafafdaault.jpgsfafafada.jpg
posted by Kissandtell at 18:13| シドニー | Comment(0) | 日本の反撃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする